アートセラピー(芸術療法)の認知症への効果は?

アートセラピー(芸術療法)の認知症への効果は?

アートセラピー(芸術療法)とは、お絵描きや粘土遊びなど、子どもの頃に行っていたような活動を通じて行う心理療法です。この記事では、アートセラピーが認知症の方にどのような効果があるかを解説します。

アートセラピー(芸術療法)とは

アートセラピーとは、絵や粘土細工などの表現方法を利用して精神状態に働きかけるものです。1942年にイギリスで始まり、これまでさまざまな疾患の治療に利用されてきましたが、最近は認知症の方のリハビリにも使われています。

アートセラピーで用いられる表現方法は、絵画や陶芸、彫刻、俳句、ダンスなど、多岐にわたります。言葉にしづらい感情や願望を自分の好きな方法で表現することで、不安を解消したり、感情を解放したりすることができます。

このため、アートセラピーでは完成した作品の良し悪しはあまり問題ではありません。絵を描く、粘土でさまざまな形を作るといった過程を楽しむことが重視されます。

また、出来上がった作品を褒めて本人が自信をつけることも重要です。家庭内だけでなく、クリニックやアートセラピーのプログラムを行っている施設に出向いて、仲間と話しながら作ることも、脳をより刺激してくれます。

アートセラピーの効果

アートセラピーの効果として、脳に適度なストレス(刺激)がかかって脳を活性化することがあります。

創作活動をするとき、脳は楽しさと同時にストレスを感じますが、このストレスは脳を活性化する「良いストレス」です。本人が苦痛を感じるくらい創作活動がストレスになってしまうとかえって脳機能の低下を招くため、本人が楽しく取り組める環境を整えることが大切です。

また、創作活動を通じて本人の潜在的な能力を引出したり、成功体験を重ねたりすることで、本人の自信や精神的な安定をはかることができます。精神的に安定すると、徘徊や不安といった認知症の症状が軽減することもあります。

更に、認知症の方は概日リズム(体内時計)が乱れやすく、昼夜逆転しやすい傾向があります。アートセラピーによって昼間の活動量を増やし、その分の覚醒時間を確保することで、昼間に起きて夜に眠るという睡眠のリズムを整えることができます。

アートセラピーは、脳に心地よい刺激を与える活動です。脳の活性化や精神の安定、睡眠リズムが整うといった効果が期待できます。認知症の症状軽減の一助に、みんなで楽しめるアートセラピーをお役立ていただければと思います。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-2281,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。