【長生き応援シリーズ⑧】 年を重ねると脳は衰えるのか?

【長生き応援シリーズ⑧】 年を重ねると脳は衰えるのか?

"人生100年時代"と言われている現代、一人ひとりが安心して・自分らしく、より豊かに過ごすためには、誰もが関わる可能性のある認知症について正しい知識をもつとともに、明るく前向きに過ごすためのヒントを得ることが必要です。
今回は、年を重ねると脳はどうなっていくのか、「加齢と脳の関係」について注目してみます。

加齢とともに弱くなる知能と強くなる知能

年を重ねると、認知症にならずに、記憶・判断能力が低下せずに、最期まで暮らしていけるかどうか、不安を持たれる方は少なくないと思います。心理学研究の分野でもかつて、脳の機能を司る「知能」(学習能力や適応能力など)は、成人期を迎えた後、加齢とともに衰退すると考えられていました。
しかし近年、研究が進められたことによって、高齢期における知能の変化は、「衰退する側面」と高齢まで「維持・強化される側面」の両面があるということがわかってきているのです。
前者の衰退が見られる知能は、「流動性知能」と呼ばれ、計算力や暗記力など、新しい場面への適応が要求される能力です。新しい商品(IOT機器など)が出たときに、なかなか使いこなすことが難しいと言う高齢者の方がいらっしゃいますが、生理学的脳機能によって働きが規定される影響かもしれません。一方、後者の高齢期まで維持・強化される知能は、「結晶性知能」と呼ばれ、語彙力(言葉の数など)、判断力、問題解決能力など、年を重ね、経験を積み重ねることによって培われ強化されていく知能です。これは「経験」という貴重な財産を脳に蓄えていったり、生活習慣や訓練によって維持していくことのできる能力です。
脳の機能は、加齢に伴い衰えるだけと考えている人も多いかもしれませんが、高齢者の知能は経験によって強化されていく側面もあるということを知っていただきたいと思います。

何歳になっても脳は若返る

また、"何歳になっても脳は若返る"ということも知っていただきたいことです。神経科学の分野では、過去何十年もの間、「脳細胞の再成長はありえず、脳は新たな細胞を生成しない」と言われていました。ところが、米国の研究者(ジェセフ・アルトマン)によって1990年代後半に、成人の脳でも新たな細胞が生成できることが立証されたのです。この脳細胞生成のプロセスは「神経生成」と呼ばれています。この発見は、パーキンソン病やアルツハイマー病などの脳が衰えていく病気の治療や、自分の知力を維持向上させたいと願うすべての人に希望(可能性)をもたらしました。何歳になっても"自分の脳をつくる、再生できる"可能性があるということです 。
語学の学習などもそうですが、「年だからもう無理」と考えず、こうした研究成果も踏まえながら、何歳になっても、新たなチャレンジを心がけることも大切なことだと思います。
出典
権藤恭之編「高齢者心理学」(朝倉書店、2008年)、p95-97よりジーン・D・コーエン著、野田一夫監訳、村田裕之・竹林正子訳「いくつになっても脳は若返る」(ダイヤモンド社、2006年)、p24-26より
生20-2695,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。