ビタミンB6の作用と摂り方のポイント

ビタミンB6の作用と摂り方のポイント

ビタミンB6は、成分表等で目にすることも多い、比較的身近なビタミンです。この記事では、ビタミンB6の作用と摂り方のポイントについて解説します。

ビタミンB6の作用

ビタミンB6は、糖質・脂質をたんぱく質に変換する等、たんぱく質とアミノ酸の代謝に関わる栄養であり、酵素の働きをサポートする・免疫機能を保つ・ヘモグロビンを合成する等の作用もあります。これらの作用は血液や筋肉が作られる際に機能し、皮膚や粘膜の健康を保つ等にも役立ちます。

ビタミンB6が不足すると、貧血・口内炎・皮膚炎・リンパ球減少症等を発症する可能性があり、成人では痙攣発作・うつ・錯乱等、神経系の異常が現れる可能性もあります。また、長期間にわたって抗生物質等を投与された場合はビタミンB6欠乏症になるリスクが高くなり、脂肪を過剰摂取した場合はビタミンB6が過剰に消費されることでビタミンB6が不足しやすくなります。

なお、妊娠中はアミノ酸代謝が盛んになるため、ビタミンB6がより多く必要になると言われています。妊娠中はつわり等の影響で食事量が減る・偏った食事になる等が起こりやすいため、ビタミンB6も不足しやすい傾向にあります。

ビタミンB6の摂り方のポイント

一般的に、男性は18歳以上で1.4mg、女性は18歳以上で1.1mgが1日の摂取の推奨量と言われています(妊娠中の方は0.2mg、授乳中の方は0.3mg追加となる)。また、ビタミンB6は、過剰摂取による健康被害が報告されていることから、18歳以上の男性で50mgから60mg、18歳以上の女性で40mgから45mgの耐容上限が設定されています。

ビタミンB6は、まぐろ・かつお・鮭・肉類・レバー・バナナ・さつまいも・玄米等に含まれています。バランスの整っている一般的な食事を摂っていれば、基本的にビタミンB6が過剰になることはないと言われていますが、サプリメント等で補う際は過剰摂取に注意しましょう。なお、妊娠中・授乳中の女性に耐容上限は設定されていませんが、過剰摂取して良いというわけではありません。通常の耐容上限を参考に、適切な摂取を心がけてください。


ビタミンB6は、疲労回復・筋肉痛の解消・むくみの解消等にも役立ち、運動後の栄養補給にもおすすめです。また、ロコモティブシンドローム(骨・関節・筋肉・神経等の機能低下により、要介護・寝たきり等のリスクが高くなった状態)の予防にもつながるため、過剰摂取に注意しながら積極的に取り入れるようにしましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3030,商品開発G

関連記事