冬の服装が肩こりの原因になる理由と予防対策

冬の服装が肩こりの原因になる理由と予防対策

寒くなるとつい厚着をしてしまう方もいらっしゃると思いますが、冬の服装が肩こりを引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。この記事では、冬の服装が肩こりの原因になる理由と予防対策について解説します。

冬の服装が肩こりの原因になる理由

厚手のコート・ジャケット・ニット等、冬の防寒着は首・肩・背中等に負担がかかりやすく、肩こりになりやすいと言われています。また、厚手の防寒着・重ね着のし過ぎ等で窮屈な着心地になっている場合も、肩こりになりやすい傾向にあります。これは体の動きが制限され可動域が狭まり、同じ姿勢を長時間続けるようになることで首・肩・背中等に負担がかかりやすくなることが関係していると言われています。

なお、肩こりには、冬物のコート・セーター・ジャケット等の重さが関係する場合があります。これは、重さにより着用時にかかる肩への負担が大きくなることが原因であり、重さで肩が押し下げられることで、首周辺の筋肉が緊張しやすくなることも関係していると言われています。また、首周りの防寒対策としてタートルネック・マフラーを着用すると、首・肩の動きが制限されやすくなります。この状態は血行不良等が起こりやすく、その結果として肩こり・頭痛等が生じやすくなる可能性があります。

冬の肩こりの予防対策

寒いからという理由であまり考えずに厚着をすると、体の動きが制限され、肩こりを起こしやすくなります。寒さを我慢し過ぎることはおすすめできませんが、着用した際に首・肩に重くのしかかるように感じる服装は可能な限り避け、「余裕のある服装(体に負担がかかりにくく、動きをあまり制限しない服装)」になるようにしましょう。また、タートルネックのセーター等を着用する際は、首周りがゆったりしている物を選ぶようにすると、肩こりを予防しやすくなります。服装を選ぶ際は、着用した際に首・肩・腕が楽に動かせるかどうかを確認し、深呼吸ができるかどうかも試してみましょう。浅い呼吸しかできない場合、肩こりになりやすい「余裕のない服装」になっている可能性があります。


運動不足・睡眠不足・冷え等が原因になる肩こりも多く、姿勢の悪さが肩こりを悪化させる可能性もあります。また、規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心がけ、適度な運動を習慣化することも、肩こりの解消につながります。湯船に浸かり冷えを解消することは、睡眠の質の向上にもつながるのでおすすめです。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-5074,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。