【健康コラム】糖尿病と合併症のメカニズム ~三大合併症や動脈硬化はなぜ起こる?<後編>~

【健康コラム】糖尿病と合併症のメカニズム ~三大合併症や動脈硬化はなぜ起こる?<後編>~

生活習慣病全般に良いとされる生活習慣は認知症予防にも有効です。疾病の仕組みや原因、その予防方法について知り、健康的な生活を心がけましょう。
 
前編では糖尿病で三大合併症や動脈硬化が起こるメカニズムを解説しました。後編では糖尿病が「歯周病」を起こすメカニズムや、「喫煙」が糖尿病を引き起こすメカニズムなどについて解説します。

糖尿病で歯周病に?そのメカニズムとは

糖尿病によって高血糖の状態が続くと、体内の免疫力が低下し感染症にかかりやすくなります。そして歯周病も細菌感染が原因のため、糖尿病になると歯周病を発症しやすくなります。また、高血糖によって歯茎の血管が損傷することも、糖尿病患者の歯周病の要因です。なお、歯周病になると歯茎の中で炎症性物質が生み出されるのですが、この炎症性物質はインスリンの作用を妨げるため、糖尿病を悪化させる側面も持ちます。

喫煙が糖尿病を引き起こす?そのメカニズムとは

喫煙すると交感神経が刺激され、血糖値が上昇しやすくなります。また、タバコに含まれるニコチンは体内のインスリンの作用を低下させるため、糖尿病になりやすくなると言われています。国内外の研究によれば、喫煙者は非喫煙者と比べ、2型糖尿病の発症リスクが1.4倍になることが判明しています。

ステロイドで糖尿病に?そのメカニズムとは

みなさんは「ステロイド糖尿病」をご存知でしょうか。ステロイド糖尿病とは、長期にわたってステロイド薬を服用し続けたことが原因で起こる糖尿病です。
ステロイド薬の主成分であるグルココルチコイドは、インスリンの分泌量を低下させ、インスリンの作用を減退させる側面を持ちます。このため、服薬を長期間続けると血糖値が上がってしまい、糖尿病を起こす可能性があるのです。

糖尿病患者は血糖コントロールが肝心

糖尿病による三大合併症や動脈硬化、歯周病は、いずれも高血糖状態の持続が原因で起こるものです。糖尿病患者は血糖コントロールに注意し、未然に合併症を防ぎましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生20-4239,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。