高血圧で脳梗塞のリスクが高くなる理由と予防対策

高血圧で脳梗塞のリスクが高くなる理由と予防対策

脳梗塞とは、脳血管が狭くなる・詰まる等が原因で発症する疾患であり、高血圧がリスク要因になる可能性があります。この記事では、高血圧で脳梗塞のリスクが高くなる理由と予防対策について解説します。

高血圧で脳梗塞のリスクが高くなる理由

血圧とは、心臓から血液が押し出された際に血管壁へかかる圧力のことです。血圧が高い状態である高血圧の方は、血管壁に強い圧力がかかるため、ダメージを受けやすくなります。この状態が長く続くと、血管壁のダメージが蓄積することで動脈硬化が進み、血栓(血の塊)ができやすくなります。これは、脳の血管が狭くなる・血栓が詰まるリスクが高い状態であり、脳梗塞のリスクも高まります。なお、高血圧は、脳出血(脳血管が破れ、出血する疾患)・心疾患等、脳梗塞以外の疾患リスクを高める原因にもなります。

脳梗塞予防につながる高血圧の予防対策

生活習慣等を見直し高血圧を予防することが、脳梗塞の予防にもつながります。食生活と運動習慣は、生活習慣の中でも高血圧予防に特に大切であると言われています。

●食生活
高血圧予防のため、まず取り組んでいただきたい対策は減塩です。日本人は味噌汁・漬物等塩味の強い味付けを好む傾向があり、塩分摂取量が比較的多いと言われています。一般的には、6gから7g程度に塩分摂取量を抑えることが推奨されています。減塩味噌・減塩醤油等、減塩タイプの調味料を活用しながら、塩分量を抑えるよう努めてください。また、高血圧・脳梗塞のリスク要因である動脈硬化を予防するためには、コレステロールの管理も大切です。甘い物・スナック菓子・インスタント食品・揚げ物・肉の脂身等を控え、食物繊維を含む野菜類・海藻類・きのこ類やEPA・DHAを含む青魚等を積極的に摂るようにしましょう。

●運動習慣
高血圧予防には、有酸素運動を習慣化することが推奨されています。ウォーキング・ジョギング・水泳等、少し息が切れる程度の適度な運動を長期間継続することを心がけましょう。一般的には、30分以上の有酸素運動をなるべく毎日行うことが推奨されていますが、30分以上運動を継続する必要はなく、1日の運動時間の合計が30分以上になれば構わないと言われています。通勤中や休憩中等の空き時間を利用し、こまめに取り組むようにしてください。


血圧の目標基準値・1日の塩分摂取量の目安・1日の運動量の目安等は、年齢・健康状態等により変わってきます。高血圧予防・脳梗塞予防等で生活習慣を見直す際は、医療機関に相談することをおすすめします。既に高血圧等の治療を受けている方は、必ず医療機関に相談し、許可をもらった上で取り組むようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3900,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。