【長生き応援シリーズ】賃貸契約したいけど保証人がいない! 保証人なしで、部屋を借りる方法③

【長生き応援シリーズ】賃貸契約したいけど保証人がいない! 保証人なしで、部屋を借りる方法③

シリーズ「賃貸契約したいけど保証人がいない! 保証人なしで、部屋を借りる方法②」では、保証人が見つからない問題点をお伝えしました。今回は、保証人が見つからない場合の対応方法についてお伝えします。

近い将来、65歳以上の約半数が単身世帯、いわゆる「おひとりさま」になると言われています。その中には、『保証人が見つからない』という方もたくさん出てくることが想定されます。そのような方が、『保証人』の問題を解決するには、次のような方法があります。

保証人が見つからない場合の対応方法

1.保証人が不要な住まいを探す
それほど多くはありませんが、保証人不要の賃貸住宅もあります。ただし、物件が古いなど、何らかの問題がある場合もありますので注意が必要です。また、UR賃貸住宅は、収入や貯蓄が一定の基準を満たしていれば保証人が不要です。物件によって条件が異なりますので、UR都市機構に相談してみるとよいでしょう。
2.家賃保証会社を利用する
最近では、ご家族やご親族を保証人に立てる代わりに「家賃保証会社」を利用することが多くなっています。「家賃保証会社」とは、賃貸物件の契約時に、借主から利用料金を取り、保証人を代行する会社です。借主が家賃を滞納した場合は、家賃保証会社が家賃を支払うことになります。この場合、家賃保証会社は、家賃を立替えることになりますので、家賃保証会社から請求がきたら、借主は、家賃保証会社に対し、支払わなければいけません。
家賃保証会社の利用の懸念としては、審査があることです。借主の年齢、職業、収入などに関する様々な条件を満たし、審査を通過してはじめて、家賃保証会社に保証してもらえるようになります。また、初回契約時や定められた時期ごとに、家賃保証会社には保証料を支払わなければいけないので、金銭的な負担が生じることもデメリットと言えます。
3.法人の身元保証サービスを利用する
保証人を求められるのは、賃貸住宅を借りるときだけではありません。
シニア世代の方々にとって身近な問題として、病気やケガで病院に入院するときや老人ホームなどの高齢者施設へ入居するときに保証人を求められるという問題があります。入院費や施設利用料等を支払えない場合に備えて保証人を求められるわけですが、対象が高齢者ということもあり、身元引受人、緊急連絡先を兼ねる場合が多いようです。これまではご家族やご親族が引受けてきたものですが、昨今、身寄りがいない方や、ご家族・ご親族と疎遠な方が増えており、保証人を頼める人がいない、頼みにくいという方は、年々増加しているように感じられます。
そのような方を対象として、賃貸住宅の保証人に加え、入院時や施設入居時の保証人も請け負う「身元保証サービス」を提供している法人があります。
「身元保証サービス」は、主に民間企業や社団法人、NPO法人などの団体が行っていますが、介護保険の始まった2000年ころから出てきたサービスで、業態としてはまだ新しい分野と言えます。しかしながら、高齢化が急速に進むこれからの日本社会に必要なサービスとして、徐々にニーズが高まっています。サービス内容や料金は、団体ごとに異なりますが、身元保証のほか、緊急時の対応、日常生活の支援なども行っている団体もあります。
このような法人のサービスを利用することで、保証人問題の解決はもちろん、より安心した暮らしを送れるようにサポートしてもらうことも期待できます。
賃貸物件を借りるときに直面する保証人の問題。
特にシニアの方にとっては、一般的な意味合いでの保証人ではなく、自身に何かあったときにサポートしてくれる人を保証人に立てることを求められていると認識しておかれたほうがよいでしょう。
他方で、シニアの方々が、これからの住まいのことを考えるときは、どうしてもご自身の生き方・終い方を考えないわけにはいきません。そのような観点から、安全で快適な住まいを選ぶことはもちろん重要なことですが、何かあったときに頼れる存在を備えておくことも同じくらい大切なことと言えるでしょう。
日本生命では頼れる方が周りにいらっしゃらない方のために、ご家族やご親族に代わって、生前から死後までをサポートするご契約者向けサービス「GranAge Star(グランエイジ スター)」をご案内しております。
https://www.nissay.co.jp/kaisha/granage_pj/torikumi/granage_star/

「GranAge Star(グランエイジ スター)」のサービス提供法人である一般社団法人シニア総合サポートセンターの「総合身元保証サポート」は、一度の契約で終身にわたり何度でも、身元保証人をお引き受けします。また、24時間365日対応のコールセンターや、緊急搬送など緊急時の駆けつけサービス、日常生活の支援からご逝去後の対応まで、これからの人生の頼れるパートナーとして、総合的にサポートします。

※一部、「GranAge Star(グランエイジ スター)」のサービス提供法人である一般社団法人シニア総合サポートセンターに寄せられた声を元に構成しています。
執筆者:一般社団法人シニア総合サポートセンター

生21-1768,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。