高血圧対策におすすめの運動と運動に関する注意点

高血圧対策におすすめの運動と運動に関する注意点

高血圧対策として運動が勧められることがありますが、運動をする際には注意点があります。この記事では、高血圧対策におすすめの運動と運動に関する注意点について解説します。

高血圧対策におすすめの運動

高血圧治療では、一般的に、血管内皮機能の向上・高血圧の緩和等を目的に運動療法が用いられます。運動を行うことで、ホルモン分泌量・血液量・交感神経系の働き等に変化が起こり、血圧が下がりやすくなると言われています。

ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水中運動・水泳等の有酸素運動は、高血圧の予防・解消等に役立つと言われています。また、これらの有酸素運動にレジスタンス運動(スクワット・ダンベル運動等、筋肉に抵抗をかける動作を繰り返すトレーニング)やストレッチを組み合わせると、脂肪・体重等の増加を防ぎやすくなります。肥満は高血圧のリスク要因になるため、有酸素運動とレジスタンス運動を組み合わせることもおすすめです。なお、レジスタンス運動は、骨粗鬆症・腰痛等の予防や関節の可動域の向上等にも役立つと言われています。

運動に関する注意点

高血圧の方・血圧が高めの方が激しい運動や筋力トレーニング等を行うと、血圧が急上昇する可能性があるため注意が必要です。急激に力を入れたり、大きな負荷がかかったりする筋力トレーニング(重量挙げ・懸垂・腕立て伏せ等)をする際は、特に注意しましょう。基本的には、軽度の高血圧の方・血圧が高めの方が運動に取り組む際は、必ず医療機関に相談し、許可をもらった上で行うことをおすすめします。また、重度の高血圧である・心筋梗塞の既往歴がある・狭心症や心臓弁膜症に罹患している・高血圧と重度の腎症・網膜症等を併発している・心機能が低下している等がある方が運動を行うと、心臓発作・脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血等)等、深刻な状態に陥る可能性があります。運動は、必ず医療機関の指導のもとで行うようにしてください。

一般的に、医療機関で高血圧治療を目的に運動療法を行う際は、運動開始前にメディカルチェックを行い、虚血性心疾患・心不全等の疾患の有無を調べた上で、運動療法を行っても問題がないか等を判断し、検査結果・年齢・体力・体重・高血圧の進行度等の情報をもとに、適切な運動量・運動強度・運動時間・運動回数等を指示されます。


運動は、高血圧対策だけでなく、様々な健康対策に役立ちます。ただし、あくまでも適した運動を長期間継続することが大切です。必要に応じて医療機関等に相談しながらご自身に適した運動メニューを作り、気長に継続するよう心がけてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3028,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。