【仕事と介護の両立支援】会社の介護休業制度の使い方

【仕事と介護の両立支援】会社の介護休業制度の使い方

親の介護が始まると、「仕事はどうしよう」と悩むことになりがちです。この記事では、会社の介護休業制度の使い方について解説します。

親の介護と仕事との両立を考える!

親の介護が始まると、「仕事はどうしよう」と悩むことになりがちです。
Mさん(44歳)は、夫と、夫の父親(80代)と3人暮らしをしています。昨年、義父は病気で入院しました。退院して自宅に戻った後は、介護が必要になりました。介護保険の認定は「要介護1」。Mさん夫婦は共働きなので、日中、義父の介護をどうするか、頭を抱えました。考え抜いて、「仕事を辞めるしかない」との結論に至り、上司に話しました。すると、Mさんの上司は「辞めるのは最後の手段。介護休業を取って、仕事と両立できる体制を築けば何とかなる」ときっぱり。上司は介護経験があったのです。「上司に恵まれ、ラッキーでした」とMさんはにっこり。
義父は、施設に通って介護を受けるデイサービスを週に2回、ヘルパーに自宅に来てもらうホームヘルプサービスを週に3回利用することになりました。
そこで、Mさんは、思い切って30日間、「介護休業」を取得することを決断。「約1カ月、義父の傍にいて、その間に義父には介護サービスに慣れてもらいました。私も、介護スタッフの方と直接会い、話し、どのように介護をされるか見ることができ、おまかせしても大丈夫という信頼関係を築くことができました」とMさんは話します。
介護休業は法律で定められており、93日休業できることとなっています。企業にとっては、法定以上に充実させているところも。法律なので、就業規定に記載がなくても利用できます。注意したいのは、利用の仕方です。通常、介護は93日では終了しません。休業して、自分の手ですべて行うと、94日目には離職しなければならないことになってしまいます。Mさんのように、サービスを取り入れて介護体制を築くために利用したいですね。

介護体制を築くために介護休業制度を活用しよう!

「介護休業」は、例えば、退院時、在宅サービス導入時、施設検討時などの介護体制構築の際に役立ちます。「介護休暇」は突発的な休暇が必要になった際などに活用したいものです。
◆介護休業制度の主な内容◆
・介護休業
【利用期間/回数】 対象家族1人につき3回まで、通算93日まで休業できます。
「介護休業給付金」(賃金の67%)が最長93日支給されます。

・介護休暇
【取得できる日数】 対象家族が1人の場合は、年5日まで(対象家族が2人以上の場合は年10日まで)。
【取得単位】 1日または時間単位。
書面の提出に限定されておらず、口頭での申出も可能なため、急な病院付き添いなどに役立ちます。
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-3231,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。