くも膜下出血の前兆と予防法

くも膜下出血の前兆と予防法

くも膜下出血を発症すると命を落とす可能性が高いため、発症リスクを高める要因を知って予防に努めることが大切です。この記事では、くも膜下出血の前兆となる症状とともに、予防法をご紹介します。

くも膜下出血の前兆は

くも膜下出血は、脳を覆っているくも膜の下にある動脈にできたこぶ(脳動脈瘤)が突然破裂する病気です。くも膜下出血は、これまで前兆なく発症するものと考えられてきましたが、近年、前兆があることが明らかになっています。

くも膜下出血の前兆をおおまかに分類すると、血圧の異常による症状、微小な出血による症状、動脈瘤が大きくなったことによる症状があります。

●血圧の異常による症状
発症する数日前から、血圧の乱高下を繰り返すことが多いと言われています。特に朝の血圧が高いことが多く、なかには血圧の急上昇に伴うめまいや吐き気が起こる方もいます。

●微小な出血による症状
ごく微小な出血を繰り返した後、大きな破裂が起こることがあります。このとき、一時的に激しい頭痛に襲われたり、頭の中で何かがはじけたような感覚や、頭が引っ張られるような感覚がすることがあります。

●動脈瘤が大きくなることによる症状
脳動脈瘤が周辺の脳神経を圧迫したために、さまざまな神経症状が現れることがあります。最も多いのは動眼神経麻痺(脳神経のひとつである動眼神経が圧迫されることで起こる麻痺)です。動脈瘤が徐々に大きくなると、目のかすみや眼瞼下垂といった症状が破裂前に急激に悪化することがあります。

くも膜下出血を予防するためには

くも膜下出血は高血圧や喫煙、強いストレスなどで発症リスクが高くなると言われています。特に、予防する上で重要なのは血圧をコントロールすることです。前兆のひとつに血圧の乱高下があるので、高血圧の方は毎日血圧を測定し、少しでも異常があったら早めに医療機関を受診しましょう。
また、高血圧を悪化させないためには塩分摂取量に気を付けることも重要です。塩分排出を促す食べ物(野菜、果物、豆類など)を多めに摂りましょう。もちろん、禁煙やアルコールを控えることも大切です。

くも膜下出血の発症を予防するためには、普段の生活習慣を改善することが大切です。食事を少しずつ見直したり、タバコの本数を徐々に減らしたりなど、できるところから少しずつ取り組んでいきましょう。また、もし血圧の乱高下や突然の頭痛など、いつもとは違う体調だと感じたときは、すぐに医療機関を受診して適切な治療を受けてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

⽣21-2779,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。