【仕事と介護の両立支援】 ひとり暮らしの親を見守る方法

【仕事と介護の両立支援】 ひとり暮らしの親を見守る方法

この記事では、ひとり暮らしの親を見守る方法について解説します。

ひとり暮らしの親を見守る方法!

両親が揃っていれば、どちらかに何かが生じたら、もう一方の親が子に連絡したり、救急車を呼んだりできる可能性は高いと思います。しかし、ひとり暮らしでは、最悪の場合、そのまま亡くなることもありえます。
Tさん(52歳)の父親(86歳)も、九州の実家でひとり暮らししています。身のまわりのことは自分で行い、介護保険の認定は受けていません。「わたしの暮らす千葉に越してくるように勧めましたが、『九州を離れるつもりはない』とガンコです。その気持ちも分からなくもないし、今は父のひとり暮らしを応援しています」とTさん。
まず、何かあったときにボタンを押すだけで通報できる「緊急通報システム」を導入。自治体が提供するもので、費用は少額だとか。そして、毎夕食、配食サービスを利用。「父は民間サービスを使っています。手渡しなので安否確認になります。もし異変があれば、わたしのところに連絡が来ます」。更に、帰省の折には、お隣への挨拶を欠かしません。
ひとり暮らしでも、誰かが日に1回は訪れてくれる態勢を築くことができれば、もしもの時にも24時間以内には発見できます。毎日訪れてもらうことが難しいなら、電話を掛けるとか、メールをするだけでもいいのではないでしょうか。日々の日常動作をセンサーで確認し、子の携帯に配信する民間の「みまもりサービス」なども役立つかもしれません。
そして、異変を察知したら、会いに行って受診や介護保険の申請を勧めましょう。
本人の意思が固いなら「ひとり暮らし」を否定するのではなく、前向きにサポートする方法を考えたいものです。

親を見守る仕組みをつくる!

◆親の安否を確認する仕組みづくり◆
 ○毎日、誰かが訪問してくれるよう各種サービスを利用する(ホームヘルパー、配食サービス等)
 ○親のお隣さんや、民生委員に「何かのときは知らせてください」と挨拶をしておく
 ○誰も親の家を訪れない日は、子が電話やメールを行う

◆親が直ぐに連絡・通報できる仕組みづくり◆
 ○緊急通報できるシステム、みまもりサービスなどを導入する
 ○親に携帯電話を持ってもらい、親がワンプッシュで子や119番に連絡できるよう設定する
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-4367,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。