睡眠不足で微熱が出る原因と対策

睡眠不足で微熱が出る原因と対策

睡眠不足で微熱が出た経験がある方もいらっしゃると思いますが、これはストレス性高体温症(心因性発熱)が原因の発熱かもしれません。この記事では、睡眠不足で微熱が出る原因と一般的な治療法、ご自身でできる対策をご紹介します。

睡眠不足で微熱が出る原因

睡眠不足が続くと、体と脳を休めることができなくなり、疲労とストレスが蓄積していきます。また、「十分に睡眠できていないこと」自体がストレスの原因となり、悪循環に陥ることもあります。

このような状態が続くと、風邪などの原因がないのに発熱する「ストレス性高体温症(心因性発熱)」を発症する場合があります。心因性発熱は、睡眠不足や疲れなどのストレスで交感神経が過剰に活発化することが原因と考えられています。

心因性発熱の主な症状は、37度前後の微熱の持続、だるさ、めまい、悪寒などですが、38度以上の高熱が出ることもありますので、症状だけで判断はできません。また、発熱には多くの原因があり、「ストレスが原因」と結論付けるには、それ以外の原因を除外できるかの確認も必要です。安易に自己判断せず、必ず医療機関を受診しましょう。

心因性発熱の一般的な治療方法

風邪などの感染症では、主にサイトカインやプロスタグタンディンE2が産生されることで発熱しますが、心因性発熱では通常これらは産生されません。そのため、シクロオキシナーゼ(プロスタグタンディンE2を産生する酵素)を抑制するタイプの解熱鎮痛剤を服用しても、熱が下がらないことが多いです。

心因性発熱では「薬を飲んでも症状が緩和しない」と悩みを抱え込み、心身の不調が更に悪化するケースもあります。ストレスや睡眠の悩みは専門的な治療が必要な場合もあるため、早期に受診することが大切です。

治療内容には個人差がありますが、一般的には以下を中心に治療が進められ、不眠症がある方には睡眠導入剤、頭痛や腹痛などがある方には鎮痛剤が処方される場合もあります。

●心理療法
ストレスの原因の発見と軽減が目的の治療法

●認知行動療法
物事に対する考え方を変えて問題解決を目指す治療法

●自律訓練法
交感神経の緊張緩和を目的としたリラクゼーション法

ご自身でできる対策

睡眠不足の解消には、同じ睡眠時間でも疲れが取れやすくなるように、以下を参考に「睡眠の質を高くする対策」を始めることがおすすめです。

・就寝の3時間前までに半身浴をする
・就寝2時間前までに軽い運動をする
・アロマディフューザーやハーブティーなど、好きな香りを楽しむ
・トリプトファン(牛乳、バナナ、大豆製品、卵、牛肉などに多い)やGABA(チョコレート、トマト、ブロッコリーなどに多い)など、睡眠やリラックスを促す栄養を摂る


春は自律神経の乱れによる不調が起こりやすい季節です。心の不調は長患いしやすいので、ひとりで悩みを抱え込まず、早めに医療機関に相談しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-1464,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。