認知症予防におすすめの「遊び」を取り入れたレクリエーション

認知症予防におすすめの「遊び」を取り入れたレクリエーション

気分転換や運動不足の解消ができることから、多くの介護施設で「遊び」を取り入れたレクリエーションが用いられています。この記事では、認知症予防におすすめの体や頭を使った遊びのレクリエーションをご紹介します。

「遊び」のレクリエーションが認知症予防に役立つ理由

体を動かさない状態が長期間続けば、筋肉と骨が衰え、寝たきりや要介護のリスクが高まります。寝たきりは認知症の原因にもなるため、レクリエーションで適度に体を動かすことはとても大切なことです。手先や頭を使う「遊び」を取り入れたレクリエーションは、楽しみながら脳の活性化を促せるためおすすめです。また、遊びを通じた他者とのコミュニケーションは生きがいを生み出すきっかけとなり、生活の質を高めるきっかけにもなります。

体を使う遊び

●風船遊び
風船は軽くて動きもゆっくりなため、ケガの心配が少なく、体力に自信がない方にもおすすめです。うちわでテニスをする、大きめの箱やかごをゴールに見立ててバスケットボールをするなどの遊び方があります。

●じゃんけん
じゃんけんで勝ったらバンザイをする、負けたら泣きまねをするなど、動きをつけると盛り上がりやすいです。後出しじゃんけんでわざと負けるゲームも、脳を鍛えられるのでおすすめです。

●ラジオ体操
ラジオ体操は音楽に合わせて行う全身運動であり、数分で手軽にできる体操です。座った状態でできるラジオ体操もありますので、その方の体力や体の状態に合わせてできるメリットもあります。

●歌を歌う
歌を歌うことは心肺機能を高めることに役立ち、ストレスも発散できます。簡単な「振り」を付けると、軽い運動にもなるのでおすすめです。

手先や頭を使う遊び

●折り紙
折り紙は指先の体操になり、手順に沿って折る、形をイメージして折ることで、脳の広範囲を活性化できます。グループで会話をしながら行うと、コミュニケーションのきっかけにもなるのでおすすめです。

●塗り絵
塗り絵は、形を認識しながら配色を考えることで脳を活性化できます。手先を動かす訓練にもなり、絵を描くのが苦手な方でも手軽に取り組めるメリットもあります。

●しりとり
しりとりは、前の方が言った言葉を「記憶」し、その最後の文字から始まる言葉を「思い出す」ことで、脳を活性化できます。「食べ物限定」「生き物限定」など、ルールを作ると飽きが来にくいです。

●トランプ
トランプは、ババ抜き、七並べ、ポーカー、大富豪、神経衰弱など多くの種類の遊びがあるため飽きが来にくく、他者とコミュニケーションが取れるおすすめのレクリエーションです。記憶力を鍛えられる神経衰弱は、認知症予防に特におすすめです。


レクリエーションは、認知症予防や体力の向上だけでなく、心の健康維持にも役立ちます。季節の変わり目は不安定になりやすい時期です。リフレッシュのためにも、手軽にできるレクリエーションから取り入れてみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-1470,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。