認知症のテスト・長谷川式認知症スケールとは

認知症のテスト・長谷川式認知症スケールとは

日時や場所を忘れてしまうことが増えてくると「もしかして認知症では…」と不安になるかもしれません。このようなときに目安となるのが「長谷川式認知症スケール」です。この記事では、長谷川式認知症スケールについて解説します。

長谷川式認知症スケールとは

「長谷川式認知症スケール」は、精神科医の長谷川和夫先生が1974年に開発した認知症のテストです。医療機関で利用されるほど信頼性が高く、医師でなくても実施できるため、広く普及しています。

認知症を発症する前に、多くの人が「軽度認知障がい」と呼ばれる段階があります。この段階で適切な処置を行えば、認知症への進行を抑えられたり、健康な状態に戻せる可能性があります。このため、長谷川式認知症スケールで現在の状態を知ることが大切です。

長谷川式認知症スケールの内容

長谷川式認知症スケールは、以下の9問から構成されます。テスト時間は約10〜15分で30点満点、得点が20点以下の場合は認知症の疑いが強くなります。

1. 年齢はいくつですか
正解1点、不正解0点

2. 今年は何年の何月何日、何曜日ですか
年・月・日・曜日それぞれ正解1点、不正解0点

3. 私たちが今いるところはどこですか
自発的に答えられれば2点、ヒントありで答えられれば1点、不正解0点

4. これから言う3つの言葉を言ってください。あとでまた聞きますので、よく覚えておいてください
「桜、猫、電車」または「梅、犬、自動車」のどちらか1問
言葉ごとに各正解1点、不正解0点

5. 100-7は? そこから更に7を引くと?
各正解1点、不正解0点。間違えたらその後は聞かない

6. これから言う数字を逆から言ってください
「6、8、2」と「3、5、2、9」の2問
各正解1点、不正解0点。最初で間違えたらその後は聞かない

7. 先ほど(4で)覚えた3つの言葉をもう一度言ってください
自発的に答えられれば2点、ヒントありで答えられれば1点、不正解0点

8. これから5つの品物を見せます。それを隠しますので、何があったか言ってください
各正解1点、不正解0点

9. 知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください
※途中で詰まって約10秒経ったら終了
正答数10個以上で5点、9個で4点、8個で3点、7個で2点、6個で1点。0〜5個の場合は0点

長谷川式認知症スケールの点数が低いからといって、必ずしも認知症と診断されるわけではありません。ただ、軽度認知障がいの可能性を否定できないため、専門知識や経験を持つ医師に診てもらうのが安心です。冒頭でも述べたように、軽度認知障がいの段階で気づくことができれば、状態がよくなる可能性があります。点数が低かったときこそ、医療機関で診てもらうことをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

⽣21-2783,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。