認知症の方と接する際の心がけと症状別の対処のポイント

認知症の方と接する際の心がけと症状別の対処のポイント

介護等で認知症の方と接する際は、ご本人も周囲の方も辛さを覚える機会があると思います。この記事では、認知症の方と接する際の心がけと症状別の対処のポイントについて解説します。

認知症の方と接する際の心がけ

以下の心がけは、認知症による心の辛さの軽減に役立つ可能性があります。

・受け入れる:「脳の疾患が原因」と、失敗を受け入れることで許容しやすくなる
・失敗を怒らない:「怒ること」は解決つながらず、辛さの原因にもなる
・なるべくご本人にしてもらう:今までと変わらずできることをご本人にしてもらうことは、自己肯定感を守ることにつながる
・通院を習慣化する:専門家のサポートを継続的に受けることで、辛さを軽減できる可能性がある

症状別の対処のポイント

認知症の主な症状の対処のポイントは以下のとおりです。

●物忘れ
食事を摂ったばかりなのに「ごはんまだ?」等と聞かれた際は、「いま作っていますよ」等の言葉を掛け、待ってもらっている間に食事から興味を反らす工夫をしましょう。お好みの軽食・おやつ等を用意し「食べながら待っていて」と声を掛けることもおすすめです。

●妄想
片付けた場所を忘れているのに「財布を盗まれた」と主張する「物取られ妄想」が現れた際は、「困りましたね。一緒に探しましょうね」と声を掛け、一緒に探すようにしましょう。

●見当識障がい(時間・場所・状況等が分からなくなる障がい)
今日が何日・何曜日か分からない等が起こった際は、大きめの日めくりカレンダー等を用意し、一緒に確認することがおすすめです。

●人物誤認
認知症の方に「あなたは誰?」と声を掛けられた際は、一旦その場を立ち去り、認知症の方が落ち着いてから「初めまして」「今帰りました、◯◯です」等と挨拶し、認識してもらいましょう。

●徘徊
名前・住所・家族の電話番号を書いた名札・名刺を持たせるようにし、時間に余裕がある際は、ご本人の気が済むまで一緒に歩いてあげましょう。

●幻覚
幻覚で「狙われている」等と主張している際に否定すると、恐怖感を助長する可能性があります。「私が一緒だから大丈夫」等と声を掛け、安心させてあげることがおすすめです。

●暴言・暴力
暴言・暴力が見られる際は、必要に応じて医療機関等に相談しながら、ご本人が落ち着くまで1人にしてあげたり、別のことに注意を向けたりすることがおすすめです。

●不潔行為(排泄物を隠す・排泄物を素手でいじる等の行動)
不潔行為は、排泄の失敗を恥ずかしく思い、隠そうとするために起こっている可能性があります。トイレへの誘導の声掛けをする・ポータブルトイレを設置する・おむつをこまめに確認する等の対処で、排泄の失敗を減らすサポートをしましょう。


以上の対処は、完璧を目指す必要はありません。また、介護サービス等を利用し、介護する方がリフレッシュできる機会を作る・相談できる環境を整えることも大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-6235,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。