腰痛対策に! おすすめレシピ ~鶏ささみ~

腰痛対策に! おすすめレシピ ~鶏ささみ~

今回のコラムでは、腰痛対策におすすめのレシピをご紹介します。正しい姿勢とストレッチ、インナーマッスルを維持することにプラスして、バランスのよい食事を心がけましょう。

■鶏肉の磯辺揚げ焼き

ずっと座ってパソコン作業をしていると、どうしても運動不足になりがちです。筋肉の衰えから姿勢が悪くなり、関節や内臓にも負担がかかるという悪循環につながります。
予防にはバランスのとれた食事と適度な運動が効果的です。まずはしっかりたんぱく質をとりましょう。ささみは低脂肪で優れたたんぱく源です。青のりを衣に混ぜれば香りに変化がついてとてもおいしいです。青のりにはタンパク質や糖質、骨の代謝にかかわる大切なミネラルであるマグネシウムが含まれています。水菜やパプリカなど彩よく野菜を添えればビタミンC、βカロテンなどのバランスも整います。
サイドメニューには、カルシウムを多く含む厚揚げと小松菜の煮物を組み合わせました。
(材料2人分)
ささみ 4本
(下味 薄口醤油 小さじ2)
青のり 大さじ1
小麦粉 大さじ4
水 大さじ4~5
サラダ油 大さじ2

<付け合わせ>
水菜 2株
パプリカ(赤・黄) 各1/4個
(作り方)
1、 ささみは3つに切り、下味をつける。
2、1に青のりと小麦粉、水を合わせる。
3、フライパンに油をひき2を揚げ焼きする。
4、パプリカは棒状に切り、フライパンの空いているスペースで一緒に炒める。
5、器にささみを盛り付け、食べやすい大きさに切った水菜とパプリカを添える。

■厚揚げと小松菜の煮物

(材料2人分)
厚揚げ 1枚
小松菜 2株
めんつゆ(ストレート) カップ1 
(作り方)
厚揚げとゆでた小松菜を食べやすい大きさに切り、めんつゆでさっと煮る。
キッチンスタジオ くるみキッチン主宰 来海悦子(きまちえつこ)
提供元:中央法規出版「けあサポ」アーカイブ 内側から磨く 幸せはコレカラダーレシピ編-

生21-3774,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。