心筋梗塞を予防するためのポイント

心筋梗塞を予防するためのポイント

心筋梗塞は、冠動脈が塞がって血液が流れなくなる病気です。胸に強い痛みが起こり、命に危険が及ぶこともあります。この記事では、心筋梗塞の原因と予防方法をご紹介します。

心筋梗塞の原因

心筋梗塞の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈壁が硬くなって柔軟性が低下した状態であり、進行するとコレステロールなどの「脂質の塊」ができて血管が狭くなります。ここに血栓などが詰まって血液が流れなくなると、心筋梗塞を発症します。

高血圧や脂質異常症、肥満、糖尿病、喫煙は、動脈硬化の進行を早め、心筋梗塞のリスクを高めると言われています。

心筋梗塞予防のポイント

心筋梗塞の予防には、以下に注意することが大切です。

●食生活
野菜中心の食生活を心がけ、動物性脂肪を控えてください。1日の摂取量が、糖類(単糖類及び二糖類)は25g以下、油は15cc以下、塩分は男性が7.5g未満、女性が6.5g未満になるようにしましょう。

●適度な運動
ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。1日1万歩以上歩く、40分程度の早歩きを週3回行うなど、できることから始めましょう。

●禁煙
禁煙は、心臓や血管などの循環器機能の回復や、コレステロール値の改善に役立つと言われています。

●適量の飲酒
1日の飲酒量の目安は、ビールなら500mL、ハイボール(7%)なら350mL、日本酒なら1合、ワインなら1杯程度です。健康でアルコールに弱い体質でなければ、週2~3回程度の飲酒は問題ないとされています。

●水分補給
水分不足になると血栓ができやすくなるため、心筋梗塞のリスクが高まります。水分はこまめに補給しましょう。入浴中や睡眠中は水分が失われやすいので、入浴の前後、就寝前、起床後には、コップ1杯の水を飲むことをおすすめします。

予防のために積極的に摂りたい食べ物は?

心筋梗塞の予防には、次の栄養素が関係しています。

●カルシウム
心臓の筋肉を動かすために必要な栄養素です。牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品、小魚などに多く含まれています。

●カリウム
ナトリウムとともに、心臓の働きを調節する電気信号を作ります。野菜や海藻類、イモ類、果物などに多く含まれています。

●食物繊維
心筋梗塞のきっかけとなる、血管の炎症を抑える作用があると言われています。野菜や海藻類、きのこ、穀物、豆類などに多く含まれています。

●DHAとEPA
アジやサバ、イワシなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸で、動脈硬化や脂質異常症の予防に役立ちます。肉を少しずつ青魚に置き換えると、動物性脂肪の量も減らせるのでおすすめです。

心筋梗塞を予防するには、食生活と運動習慣を見直し、節酒や禁煙に取り組むことが大切です。また、水分不足や睡眠不足、ストレスなども心筋梗塞のリスクを高めますので、十分に気をつけてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-6086,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。