高齢者にもおすすめの寝た状態、座った状態でできる便秘体操

高齢者にもおすすめの寝た状態、座った状態でできる便秘体操

年齢を重ねると腹筋や腸の内容物を移動させる働き(蠕動(ぜんどう)運動)が衰えるため、便秘になりやすいです。この記事は、高齢者でも手軽にできる、寝た状態、座った状態でできる便秘体操をご紹介します。

寝た状態でできる便秘体操

布団やベッドで寝た状態でできるので、起床時にもおすすめです。

●バタ足体操
バタ足のように脚全体を動かす体操です。太ももを上げ過ぎると腰を痛めるので、無理して上げないようにしてください。

1.うつ伏せになる
2.両手を重ね、額の下か顎の下のどちらか楽な方に置く
3.膝を伸ばした状態のまま、太ももが床から離れるまでゆっくりと脚を交互にバタつかせる
※太ももを上げられない方は、太ももを床に付けたまま膝をゆっくり交互に曲げる
4.両足10回程度を目安に行う

●顔を起こす体操
仰向けで顔を起こして腹筋を刺激する体操です。首に力を入れすぎたり、上半身全体を起こしたりすると、首や腰を痛めるので注意してください。

1.仰向けになる
2.両手を組み、後頭部の下に置く
3.つま先を見るようにして、息を吐きながら顔を起こして、元に戻す
4.5回〜10回程度を目安に行う

●ゆりかご体操
体をゆっくりと左右にゆらゆら揺らす体操です。無理に大きく揺らす必要はありません。体を揺らせない方は、まずは膝を抱えて深呼吸することから始め、少しずつ慣らしていきましょう。

1.仰向けになる
2.足首を交差させた状態で両膝を曲げ、両手で膝を抱える(足首は左右どちらが上でも良い)
3.ゆっくりと呼吸しながら体を左右にゆらゆら揺らし、少しずつ揺れを大きくしていく
4.5往復〜10往復揺らすのを1セットとし、1〜3セットを目安に行う

座った状態でできる便秘体操

座った状態でできるので、ちょっとした空き時間にもおすすめです。

●上半身をスライドさせる便秘体操
イスに座った状態で、胸部を地面と平行に横にスライドさせる体操です。腹筋や骨盤周辺の筋肉、腸を適度に刺激することで、排便を促します。

1.背筋を伸ばしてイスに座る
2.背筋を伸ばしたまま、肩の高さが変わらないように、息を吐きながら胸部を右真横に動かす
3.胸部を元に戻す
4.2と同様に、胸部を左真横に動かす
5.左右5回ずつを目安に行う
※肩や胸が前に出ないように気をつける

●上半身をひねる便秘体操
骨盤を便意が起こりやすい角度にして腸を刺激する体操です。足首を触れない方は、すねや膝、太ももなどを触る方法でも構いません。転倒には十分に注意しましょう。

1.イスに浅めに腰掛け、足を肩幅に開く
2.右手で左の足首を触り、左手を天井側に引き上げた状態で10秒ほどキープする
3.反対側も同様に行う
4.左右交互に5回〜10回を目安に繰り返す

水分不足も便秘の原因になります。汗をかいていなくても水分は失われますので、便秘対策にはこまめな水分補給もおすすめです。体操と合わせて習慣化し、便秘解消を目指しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-2242,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。