ワーキングメモリと認知症について

ワーキングメモリと認知症について

ワーキングメモリとは、情報を一時的に脳に記憶して処理する能力です。この記事では、ワーキングメモリのメカニズムや認知症との関係、鍛える方法をご紹介します。

ワーキングメモリとは

ワーキングメモリは前頭前野と呼ばれる脳の領域の働きのひとつで、日常生活における判断や行動に関わっています。

たとえば私たちが会話するとき、無意識のうちに相手の話をその場で覚え、相手の意図をくみ取りながら状況に応じて前の情報を忘れて会話を進める、ということ繰り返しています。また、ワーキングメモリは読み書きや計算、運動でも機能しています。

ただし、ワーキングメモリに記憶できる情報はとても少ないため、新しい情報が入ると古い情報は記憶から消えます。

ワーキングメモリを鍛えると認知症予防になる?

認知症は、正常に働いていた知的機能が徐々に低下するにつれて脳の処理機能が低下する病気です。特に、アルツハイマー型認知症は、薬などで症状の進行をゆるやかにすることはできても完治は難しい、と言われてきました。

ただ近年、脳のリハビリや適切な治療でアルツハイマー型認知症の症状を改善する可能性があることが明らかになっています。初期段階であれば、前頭前野がある程度、認知症を発症する前と同じくらい機能しているためです。

前頭前野は脳の他の領域をコントロールする働きがあるため、脳全体を活性化できる可能性があります。また、前頭前野はワーキングメモリも担っているため、ワーキングメモリを活用したリハビリをすれば、アルツハイマー型認知症の改善・予防につながるのではないかと期待されています。

ワーキングメモリを鍛えるには

ワーキングメモリを鍛えるコツを3つご紹介します。

●前頭前野を活性化させる
前頭前野を鍛えると、ワーキングメモリを鍛えることができます。たとえば電車のつり革広告を覚えて言葉を思い出したり、音楽鑑賞や読書をするときに頭で情景をイメージしたりすることがおすすめです。

●デュアルタスク(二重課題)を行う
デュアルタスクとは、知的作業と運動など、2つのことを同時に行うことです。脳は混乱しますが、この混乱を整理しようと脳が動くことで脳が活性化すると言われています。たとえば、シャンプーをしながら昨日の食事を思い出す、計算しながらウォーキングをすることなどです。

●日常生活の中で体を動かす
ワーキングメモリは普段の生活で十分に使われています。このため、料理や掃除をする、人と話す、適度に体を動かすなどを行うことで鍛えることができます。

日頃からさまざまな方法でワーキングメモリを鍛えながら、脳の働きを活性化させていきましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-3243,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。