【健康コラム】糖尿病で血糖値が下がらない!その理由と下げる方法を解説<後編>

【健康コラム】糖尿病で血糖値が下がらない!その理由と下げる方法を解説<後編>

生活習慣病全般に良いとされる生活習慣は認知症予防にも有効です。疾病の仕組みや原因、その予防方法について知り、健康的な生活を心がけましょう。
 
「糖尿病で血糖値が下がらない!その理由と下げる方法を解説」の後編では、血糖値が高い時の症状や糖尿病の診断基準、血糖値を下げるにはどうしたらいいかなどについて解説します。

血糖値が300、500を超えるとどんな症状が出る?

血糖値が少し高い程度(200mg/dL前後)では目立った自覚症状はありません。しかし、300~400mg/dLになると、喉の渇きや尿量の増加、倦怠感、体重の減少といった症状が現れます。そして500mg/dLを超えると、吐き気や嘔吐、意識障害、昏睡状態などの危険な状態に陥るようになります。

血糖値の数値、いくつなら糖尿病?

糖尿病の診断では、空腹時か食後2時間の血糖値を検査しますが、はっきりしない場合は75gOGTT(ブドウ糖負荷試験:75gのブドウ糖液を摂取し、負荷前と負荷後30分、1時間、2時間後に採血し血糖値を測る)によって検査をします。このとき血糖値が200mg/dl以上なら糖尿病型と呼ばれ、後日検査でも同じ数値であれば糖尿病と診断されます。

糖尿病の血糖値を下げるには?おすすめの食べ物も紹介

先述の通り、糖尿病の血糖値を下げるには、生活習慣の見直しが欠かせません。まず、血糖値の減少効果のある、ウォーキングなどの有酸素運動を継続的に行いましょう。ただし、食後すぐに運動をすると体調を崩す恐れがあるので、食後1時間が経ってから行うのがおすすめです。
また、血糖値を下げるには食事内容の改善が大切ですが、血糖値を下げる食べ物を取り入れることも重要です。具体的には以下のものがあります。

①納豆
納豆に含まれるサポニンには血糖値を下げる効果があり、コレステロール値の改善や血流の改善などの効果も見込めるとされています。

②大豆製品
豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボンには、血糖値を下げる効果があるといわれています。

③キャベツ
キャベツには食物繊維が豊富に含まれており、糖分の吸収を緩和する効果があります。このため、血糖値の急上昇を抑制する効果が見込めます。また、咀嚼効果で満腹感を得やすいため、一気にたくさん食べてしまうことを防ぐ効果もあります。

④玉ねぎ
玉ねぎに含まれるイソアリインという物質は、インスリンの作用を向上させ、血糖値を下げやすくするといわれています。イソアリインは水につけると成分が溶けてしまうので、生か加熱調理で食べることをおすすめします。

⑤きのこ
きのこはインスリンの受容体を高める効果があるとされ、さらに食物繊維が含まれているために、血糖値の上昇を抑制する効果があると考えられています。

糖尿病の血糖値を下げるには、生活習慣の改善が欠かせない!

糖尿病になるとインスリンの分泌量はガクッと下がるため、血糖値を下げるには、薬だけに頼るのではなく、定期的な運動や食事の見直しが欠かせません。ご紹介した食べ物を積極的に取り入れ、安定した血糖コントロールができるようにしていきましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生20-4633,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。