脳梗塞の症状と後遺症について

脳梗塞の症状と後遺症について

脳梗塞は、後遺症が残る可能性がある疾患です。この記事では、脳梗塞の症状と後遺症についてご紹介します。

脳梗塞の症状について

脳梗塞とは、脳の血管が詰まる等が原因で血流が滞り、脳細胞に酸素や栄養が供給されなくなることで発症する疾患です。脳梗塞の症状は突然起こり、片側(半身)に現れる特徴があると言われています。脳梗塞では主に以下の症状・変化が現れますが、これらは一旦消失したり、消失後繰り返したりすることがあるため注意が必要です。

●体に起こる主な症状・変化
・手足・顔面等に痺れ・麻痺が起こる
・表情を作れなくなる、顔面が歪む
・手・足・指等の動きが悪くなる
・呂律が回らなくなる、言葉が出にくくなる
・耳鳴り・めまいがする
・目が見えなくなる、視野が狭くなる
・物が二重に見える、物がかすんで見える
・バランスが取れなくなる、立っていられなくなる
・意識が無くなる 等

●日常生活で起こる主な変化
・物忘れが増える
・簡単な計算ができなくなる
・字が上手く書けなくなる
・意図せず筆跡が変わる
・食器等、物を頻繁に落とすようになる
・階段・段差等でつまずきやすくなる 等

脳梗塞の後遺症について

後遺症とは、治療後も完治できずに残る「回復が難しい症状」を指します。脳梗塞の後遺症には、主に以下の種類があります。

●運動障がい
手・指・腕・足等が思うように動かせなくなる状態で、めまいがする・体がふらつく等の症状として現れることもあります。脳梗塞では、「体の片側(半身)」に起こることが特徴です。

●感覚障がい
運動障がいと同様、体の片側に現れます。感覚がわからない・鈍く感じる・痺れる・冷たく感じる・強い痛みを感じる等、本来の感じ方とは違う感覚を覚える状態です。

●言語障がい
呂律が回らない・言葉が出ない・読み書きができない・他人の話を理解できない等が起こる状態です。

●高次脳機能障がい
高次脳機能とは、認知機能(知覚・記憶・思考・判断・学習等)と精神機能の総称を指す言葉です。約束や時間等を忘れる・集中力がなくなる・計画的に行動できない・感情をコントロールできなくなる等の症状が現れます。

●視力・視野障がい
ぼやけて見える・二重に見える・視野が欠ける等が起こる状態です。片側の目が全く見えなくなる場合もあります。

●嚥下障がい
運動障がい・感覚障がいの影響で、食べ物や飲み物を飲み込みにくくなる状態です。

●排尿障がい
脳梗塞の影響で尿道や膀胱等を支配する神経が障がいされ、頻尿・失禁等が起こる状態です。

●精神症状
脳梗塞の影響で、うつ・不安・情緒不安定・怒りを抑えられない等、様々な症状が現れる可能性があります。


脳梗塞は、早期発見・早期治療がその後の回復や後遺症に影響します。脳梗塞が疑われる症状・変化に気付いた際は、早急に医療機関を受診しましょう。定期的な検査でこまめに健康状態をチェックすることも大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-4636,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。