COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、喫煙と深い関係がある病気の一種です。発症すると気管支や肺などの呼吸器系に症状がみられますが、進行すると肺以外にも影響があらわれます。この記事では、COPDの症状とともに、全身に及ぶ疾患について解説します。

COPDの症状

COPDを発症しても、最初はほとんど症状がありません。しかし、進行すると以下のような症状があらわれるようになります。

・慢性の咳や痰
・動くと息苦しくなる
・ゼーゼーとした呼吸になる

更に症状が進むと、安静時でも呼吸困難に陥るようになります。その結果、日常生活に支障をきたすようになります。また、進行するにつれてウイルスや細菌による気管支炎や肺炎を併発しやすくなるため、呼吸困難が悪化したり、発熱したりすることがあります。

COPDによってこうした症状があらわれるのは、有害物質によって気管支や肺がダメージを受け続けたことが原因です。ダメージを受けた気管支や肺の組織は回復しないため、呼吸機能が元に戻ることはありません。

COPDによってあらわれる全身疾患

COPDは肺の疾患ですが、症状は肺だけでなく、「虚血性心疾患」「骨粗鬆症」「糖尿病」など、全身にさまざまな疾患を引き起こします。具体的には、以下のような疾患がCOPDをきっかけに発症する可能性があると言われています。

・呼吸器系疾患(肺がん、肺炎、肺高血圧症など)
・中枢神経系疾患(睡眠障がい、うつ病、認知症など)
・循環器系疾患(脳血管障がい、虚血性心疾患、うっ血性心不全、閉塞性動脈硬化など)
・消化器系疾患(胃食道逆流症、胃潰瘍など)
・筋骨格系疾患(骨粗鬆症、四肢の筋力低下など)
・代謝系疾患(メタボリックシンドローム、糖尿病など)

特に、COPDの方は肺がんを発症するリスクが高いと言われています。肺がんを防ぐためには、禁煙することはもちろん、定期的に胸部X線検査や胸部CT検査などを受診して、肺がんを発症していないかどうかを定期的にチェックすることが大切です。

COPDは、主にタバコの煙に含まれる有害物質を吸い込むことで、気管支や肺がダメージを受けたために発症する病気です。COPDによってダメージを受けた気管支や肺組織は元に戻らないため、一度発症すると呼吸機能は完全に回復しません。悪化すると全身にも影響が及ぶため、禁煙に取り組んだり、定期的な検査で肺をチェックすることが大切です。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-1672,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。