【健康コラム】慢性腎不全を予防するにはどうしたらいい?

【健康コラム】慢性腎不全を予防するにはどうしたらいい?

生活習慣病全般に良いとされる生活習慣は認知症予防にも有効です。疾病の仕組みや原因、その予防方法について知り、健康的な生活を心がけましょう。
 
腎臓は、体内の老廃物を濾過し、体外に排出する役割を持っています。その為、腎臓の機能が著しく低下する腎不全にかかると、さまざまな症状が現れます。
この記事では、慢性腎不全にかかりやすい人の特徴や予防のために気をつけることを解説していきますので、健康管理に役立ててください。

慢性腎不全とは

腎臓は、血液から余分な水分・老廃物・酸・電解質などを濾過して尿を作り、要らないものを体外に排出することで体液の量や質のバランスを保っています。
こうした腎臓の機能が50%以下に低下した状態を「慢性腎不全」と言います。

慢性腎不全はほとんどが無症状で進行していきますので、自覚症状を感じるころには腎臓の機能が大きく低下してしまっていることも珍しくありません。
腎臓の機能が10%以下になると透析や腎臓移植が必要となり、むくみや電解質のバランスの乱れのほか、貧血や骨粗鬆症などを引き起こすようになります。

慢性腎不全になりやすいのは?

慢性腎不全は生活習慣や加齢と深い関わりがあります。
以下のような人は慢性腎不全になりやすいので注意しましょう。

・高齢者
・家族に慢性腎不全を発症した人がいる
・過去の健診で尿の異常や腎機能の異常を指摘されたことがある
・肥満や脂質異常症、糖尿病、高血圧である
・高尿酸血症、または痛風である
・膠原病や感染症、尿路結石、急性腎不全などにかかったことがある

慢性腎不全を予防するには?

慢性腎不全にならないようにするためには、生活習慣病の予防が必要です。
以下のように毎日の生活習慣を見直し、減塩を心がけましょう。

生活習慣の見直し
・ 肥満解消のために食生活の見直し
・週3回程度、1日30分程度の運動を習慣づける
・節酒、禁煙する
・ストレスケアを怠らない

減塩のコツ
・ 減塩の調味料を使う
・出汁などをうまく使って、素材の味や風味を活かした味付けにする
・味に変化をつけたいときは、香辛料やレモンなど塩分が含まれていないものを使う
・麺類の汁は飲まない
・醤油は直接かけず、小皿に入れた醤油につけて食べる
 
生活習慣や食生活の見直しは、慢性腎不全だけでなく、さまざまな生活習慣病の予防にもなります。まずはできることから、少しずつ始めていきましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生20-5310,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。