訪問型サービスを受けるメリットとサポートの種類について

訪問型サービスを受けるメリットとサポートの種類について

訪問型サービスとは、医療施設等への通院・通所が困難な方に向け、生活支援・身体介助・医療措置等のサポートを提供するサービスです。この記事では、訪問型サービスを受けるメリットとサポートの種類について解説します。

訪問型サービスを受けるメリット

訪問型サービスでは、介護保険制度を利用する方の居住地に介護職員・医師・看護師等が訪れ、介護・医療・福祉等のサービスを提供します。医療・介護等の必要なサポートを自宅等の慣れている環境で受けられる・通所や通院の負担を軽減できる・転倒のリスクを軽減できる等のメリットがあります。

訪問型サービスのサポートの種類

訪問型サービスには、現行の訪問介護に相当するサービス(訪問介護員による身体介護・生活援助等)と、以下のサービスがあります。

●訪問型サービスA
調理・ゴミ出し・掃除・買い物等を、主に訪問介護員が代行します。

●訪問型サービスB
調理・ゴミ出し・掃除・買い物・整理整頓等の細々とした生活上の雑務を、主に地域のボランティア等が代行します。ボランティア主体のため比較的安価、もしくは、無料で利用できます。

●訪問型サービスC
体力の回復・健康の管理・日常生活動作の改善・引きこもりの改善等を目的に、数か月の短期間のみ提供され、市区町村の保健・医療の専門家が訪問し、以下のプログラムを行います。

・栄養改善プログラム:管理栄養士が作成した個別計画書に基づき、低栄養の予防・改善等を支援する
・口腔機能の向上プログラム:歯科衛生士・言語聴覚士等が個別計画書を作成し、口腔機能・口腔環境の改善等を支援する
・認知機能の低下予防・対策プログラム:認知機能の低下が予想される方に対し、体と脳を刺激するプログラムを提供する
・運動器の機能向上プログラム:運動機能低下が懸念される方に対し、理学療法士・看護師等が中心となり個別計画書を作成し、リハビリテーションやトレーニングメニューを指導する
・膝痛・腰痛対策:日常的に膝や腰に痛みのある方に、症状・下肢機能改善のための支援を提供する
・閉じこもり予防・支援:自宅に引きこもりがちな方の心身の機能が低下しないよう交流し、地域のイベント・創作活動・レクリエーション等の場を積極的に案内する
・うつ予防・支援:うつ発症・悪化を予防するため、保健師・社会福祉士・看護師等のチームが様々なプログラムを提供する
・日常生活動作の改善:できるだけ自立した日常生活を送れるよう、日常生活動作の改善を支援する

●訪問型サービスD
買い物・通院・外出時等の際、安全に移動できるよう補助をします。訪問型サービスBと同じく、主に地域のボランティアがサービスを提供します。


健康状態等により、受けられるサービスの種類が変わる可能性があります。訪問型サービスを希望される方は、地域包括支援センター等に相談することをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-3613,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。