生活習慣病の改善におすすめの運動は?

生活習慣病の改善におすすめの運動は?

生活習慣病の改善には運動がよいと言われています。この記事では、おすすめの運動とともに、運動する際の注意点をご紹介します。

生活習慣病改善、予防におすすめの運動

生活習慣病を改善、予防するためには、ウォーキングや水泳といった有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動は、「ややきつい」と感じるぐらいのペースで行いましょう。ウォーキングであれば、ふだん歩くスピードより速め(会話しながら歩けるくらいのペース)が目安になります。

有酸素運動には、以下のような効果が期待できます。

・エネルギー代謝がよくなり、肥満の解消につながる
・インスリンが働きやすくなり、ブドウ糖代謝の改善につながる
・中性脂肪が分解され、善玉コレステロールを産生しやすくなる
・体を動かすことで、ストレス解消になる

時間は1日30分以上、週に180分以上が目標です。効果を実感するまでに約3〜6カ月以上かかると言われていますので、結果が出なくても焦らずに続けましょう。

運動を続けるコツ

運動で生活習慣病を改善するには、「適度な負荷の運動を毎日続ける」ことが大切です。ときどき歩くコースを変える、家族と会話しながら取り組むようにすると、気分転換になるので飽きにくく、適度な負荷になりやすいので、毎日続けやすくなります。

また、日常生活の中でできるだけ体を動かすようにすると、あえて運動をする機会を作らなくても運動の効果が得られるようになります。エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、雑巾がけや窓拭きといった動きの多い家事をこまめにするなどして、できるだけ体を動かすようにしましょう。

運動を行う際の注意点

運動は適切に行わないと、体調の悪化や思わぬケガにつながる場合があります。運動する際は、以下の点に気をつけてください。

・準備運動をする
・「苦しい」「つらい」と感じたら、ペースを落とすか休憩する
・体調が悪いときは無理せず休む
・こまめに水分を補給する
・雨風の強い日、暑すぎる日、寒すぎる日は屋外での運動を控える
・運動後にクールダウンをする

また、心筋梗塞などの心疾患がある方や血圧の高い方、腎機能の低下が指摘されている方は、運動を始める前に、主治医に運動してもよいかや、どのような運動に取り組めばよいかを相談してください。

生活習慣病の改善、予防を目的に運動をする場合は、無理のない範囲で長期間継続することがとても大切です。体調がすぐれないときはしっかり休んでから運動を再開するなど、気をつけながら運動を習慣づけてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-3545,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。