【健康コラム】糖尿病と合併症のメカニズム ~三大合併症や動脈硬化はなぜ起こる?<前編>~

【健康コラム】糖尿病と合併症のメカニズム ~三大合併症や動脈硬化はなぜ起こる?<前編>~

生活習慣病全般に良いとされる生活習慣は認知症予防にも有効です。疾病の仕組みや原因、その予防方法について知り、健康的な生活を心がけましょう。
 
糖尿病を発症すると、三大合併症や動脈硬化などあらゆる病気のリスクが上がります。今回はそのメカニズムを中心に解説します。

糖尿病で合併症が起こるメカニズム

糖尿病には、①「糖尿病神経障がい」、②「糖尿病腎症」、③「糖尿病網膜症」の三大合併症があります。では、これらの合併症はどういうメカニズムで発生するのでしょうか。

①「糖尿病神経障がい」の発症メカニズム
糖尿病で高血糖の状態が続くと、細小血管の血流が悪化したり、神経細胞の代謝異常が起こったりすることで、神経細胞に血液や栄養、酸素が行き届かずに神経障がいを起こすようになります。

②「糖尿病腎症」の発症メカニズム
腎臓には血液をろ過し、老廃物を尿と一緒に排出する役割がありますが、糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、ろ過の役割を担っている糸球体の毛細血管が損傷し、腎機能が低下して糖尿病腎症を起こすようになります。

③「糖尿病網膜症」の発症メカニズム
目の網膜付近には細小血管が多数存在するため、その分、高血糖による血管の損傷を受けやすくなります。そして網膜付近の血流が悪化することで、出血や白斑が見られたり、網膜剥離を起こして失明するなど、糖尿病網膜症の症状が現れるようになります。

糖尿病で動脈硬化が起こるメカニズム

まず動脈硬化は、動脈の内膜にコレステロールが蓄積することで進行するものです。このコレステロールは水に溶けないので、血中で水溶性のたんぱく質と結合しリポ蛋白となるのですが、糖尿病によって高血糖状態が続くと、リポ蛋白が酸化するなど変質し、内膜に蓄積されてプラーク(コブ)を形成します。このメカニズムがあるため、糖尿病患者は動脈硬化が進行しやすくなるのです。

次回の後編では、糖尿病が「歯周病」を起こすメカニズムや、「喫煙」が糖尿病を引き起こすメカニズムなどについて解説します。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生20-4237,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。