【長生き応援シリーズ】エンディングノート③ ~エンディングノート作成後の注意点~

【長生き応援シリーズ】エンディングノート③ ~エンディングノート作成後の注意点~

長生き応援シリーズ「エンディングノート② ~エンディングノートへのおすすめ記載事項~」では、特に書き留めておきたい5つの項目についてお伝えしました。今回は、作成後の注意点についてお伝えします。
実は、エンディングノートを作成するにあたって最も注意しなければならないのは、作成後にその大切なノートを「誰に託すか?」ということです。
エンディングノートに書かれた情報や希望は、遺されたご家族やご親族に伝わって、はじめて意味をなすものです。せっかくエンディングノートを作成しても、誰の手にも渡らなければ、また渡ったとしても尊重・活用してもらえるものでなければ、ご家族やご親族は必要な情報収集に追われてしまい、結局、大きな負担がかかってしまいます。
そのため、信頼できる人にノートを託し、いざというときに、すぐに活用できるようにしておくことが重要です。
また、ご自身でエンディングノートを保管する場合は、死後の事項を託したいと考えている人に保管場所を伝えておきましょう。
「自分らしく最期を迎えたい」「子どもや親族に迷惑をかけたくない」というお声をよく伺います。そのような希望を実現する第一歩として、まずはエンディングノートの作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。
エンディングノートを作成することで、これまでの人生を振り返り、ご自身の価値観やご家族・周囲の人への想いなどを整理することができます。また、その過程において「残された人生をどう生きるか」という大切なテーマにも気付きを得られることがあるでしょう。
日本生命では、生前から死後までをサポートするご契約者向けサービス「GranAge Star(グランエイジ スター)」をご案内しております。
「GranAge Star(グランエイジ スター)」のサービス提供法人であるシニア総合サポートセンターの「総合身元保証サポート」では、病院へのご入院、高齢者向けの住宅・施設へのご入居の際の身元保証人のお引受けから、日々の生活支援、ご逝去後の対応までサポートしています。ご逝去後の対応にあたっては、エンディングノートの作成をサポートし、出来上がったノートを当センターにて大切にお預かりした上で、ご逝去後には、ご希望に沿ったお弔いを行い、ご親族に代わって、各種手続きを行っています。
エンディングノートを誰に託したらよいか決めかねている方、ご親族にご負担をかけたくない方にとって、ご安心いただけるサービスです。
https://www.nissay.co.jp/kaisha/granage_pj/torikumi/granage_star/
執筆者:一般社団法人シニア総合サポートセンター

生21-2919,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。