青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

青魚が生活習慣病予防に役立つ理由

青魚は海を休みなく泳ぐ回遊魚であり、身に大量の血液を取り込んでいます。青魚の身は血液を多く含んでいるため、酸化しやすく鮮度が落ちやすいという特徴がありますが、DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。DHA・EPAには中性脂肪・コレステロールの減少等の作用があり、適量を継続的に摂ることで以下が期待でき、生活習慣病予防にも役立ちます。

・血流改善
・血栓の予防
・糖尿病・脂質異常症・高血圧・動脈硬化・脳梗塞等の予防
・脳機能・記憶力・思考力の向上
・乾燥肌・アトピー性皮膚炎等、皮膚症状の緩和 等

青魚を摂る際の注意点

青魚に含まれるDHA・EPAは健康維持に役立ちます。しかし、脂質であるためカロリー自体は高い傾向にあり、摂り過ぎるとカロリー過多になる可能性があります。一般的には、小ぶりのあじであれば一尾、さばの切り身なら一切れを、毎食摂る程度が適切と言われています。また、青魚に対して食物アレルギー反応を起こす可能性もあります。青魚を摂った際に以下の症状が現れた場合は、アレルギーの可能性があるため医療機関を受診しましょう。呼吸ができないほど重篤な症状が現れた場合は、命に危険が及ぶ可能性もあるため大至急受診してください。

・蕁麻疹が現れる
・体中が痒くなる
・腹痛・下痢・吐き気等が起こる
・目が腫れる
・鼻水・くしゃみが止まらなくなる
・喘息のような咳が出て止まらなくなる
・呼吸ができなくなる

なお、青魚によるアレルギー症状が一度でも現れると、症状が現れる度に重症化しやすくなると言われています。体調が悪い状態では特に症状が現れやすいと言われているため、体調が悪い際は青魚を摂らないようにし、摂り方に関しては必ず医療機関に相談するようにしてください。


適量の青魚を継続的に摂ることは生活習慣病の予防に役立ちますが、健康のためには栄養バランスの整っている食事を規則正しく摂ることが大切です。糖尿病・高血圧・脂質異常症等の治療を受けている方やリスクを指摘されている方は特に大切になってきますので、ご自身に適した食生活について医療機関に相談することをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生24-587,商品開発G

関連記事

  • 認知症予防につながる娯楽と食生活

    認知症予防につながる娯楽と食生活

    脳機能を刺激して活性化を促し、健康的な生活を過ごすことは、認知症の予防につながると考えられています。この記事では、認知症予防につながる娯楽と食生活ついて解説します。

  • 糖尿病性神経障がいについて

    糖尿病性神経障がいについて

    糖尿病には、糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障がい等の合併症があります。この記事では、糖尿病性神経障がいについて解説します。

  • 大動脈解離の手術後について

    大動脈解離の手術後について

    大動脈の血管壁は、内膜・中膜・外膜で構成されています。大動脈解離とは、何らかの原因で内膜が裂け、大動脈の血管壁に血液が流れ込む疾患です。大動脈解離は命に危険が及ぶ可能性がある疾患であり、緊急手術が必要になる場合があります。この記事では、大動脈解離の手術後について解説します。