お酒がもたらす影響と適量の目安

お酒がもたらす影響と適量の目安

お酒にはコミュニケーションの円滑化やストレス解消に役立つメリットがありますが、健康面への懸念もあります。この記事では、健康的にお酒を楽しむために役立つ「お酒の影響と適量の目安」について解説します。

お酒が持つ「良い影響」と「悪い影響」

お酒を飲むとリラックスした気分になったり、楽しい気分になったりします。これは、アルコールの作用で「大脳新皮質」の機能が低下し、それまで理性でコントロールされていた「本能的な情動」が前に出てくるようになることが関係しています。また、楽しい気持ちや嬉しい気持ち、やる気や集中力に関係する神経伝達物質「ドーパミン」の分泌が促されることも関係していると言われています。

節度を持って楽しむのであれば、お酒には以下で挙げるような「良い影響」が期待できます。しかし、お酒には「悪い影響」もありますので、飲み過ぎには注意が必要です。

●良い影響
・一時的に緊張を緩和し、リラックスした状態になる
・ストレス解消につながる
・コミュニケーションが円滑になる
・体質にもよるが、少量のお酒であれば疲労回復の助けになる場合がある

●悪い影響
・ドーパミンなどの神経伝達物質が、お酒を飲まないと分泌されにくくなる
・記憶力、集中力、判断力が低下し、ケガや事故などの原因になる場合がある
・心拍数や呼吸数の増加で、体に負担がかかる
・高血圧、糖尿病、肝臓疾患、循環器疾患など、生活習慣病のリスクが上昇する
・心の不調や睡眠障がい、認知症のリスクが上昇する

お酒を楽しむための「適量の目安」

健康を維持しながら、まわりに迷惑をかけずにお酒を楽しむには、「節度を持って、適量の範囲内で楽しむ」ことが大切です。厚生労働省は「健康日本21」において、「1日1単位(純アルコールで20g程度)が適量の目安」としています。

「純アルコールで20g程度」の目安は、以下のとおりです。ただし、女性や高齢者、お酒の弱い方は、20gよりも少なめが適量と考えましょう。また、体調によって適量も変化することも考慮してください。

・ビール、酎ハイ(アルコール度数5%)… 中ビン 1本、500ml缶 1本
・ハイボール(アルコール度数7%)… 350ml缶 1本
・ワイン(アルコール度数12%)… グラス2杯弱(200ml)
・日本酒(アルコール度数15%)… 1合(180ml)
・焼酎 ロック(アルコール度数25%)… グラス1杯(100ml)

飲み会が減ったことで飲酒量が少なくなったという声もある反面、巣ごもり生活やリモート飲み会が増えたことでかえって飲酒量が増えたという声もあります。お酒を健康的に楽しむためには、まずは適量を守ることが大切です。定期的な健康診断や人間ドックで飲酒量や飲酒回数を見直しながら、ご自身に適した飲酒習慣を身につけましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-1018,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。