【仕事と介護の両立支援】資金計画を立てる!

【仕事と介護の両立支援】資金計画を立てる!

介護サービスを利用すると、費用がかかります。この記事では、介護サービスにかかる費用をどのように捻出すればいいのかについて解説します。

資金計画を立てる!

介護サービスを利用すると、費用がかかります。では、そこにかかる費用は、どのように捻出すればいいのでしょう。介護という行為は子が担うことが多いせいか、「費用も子が負担」と考えている人が少なくありません。しかし、介護は、親の自立を応援するために行うことです。費用は、親本人のお金をあてればいいのではないでしょうか。
親のお金を介護費用にあてるとすれば、親の懐事情を知る必要があります。
月々の年金額やその他の収入は? 預貯金は? ローンは残っていない? しかし、家族とはいえ、「お金」のことを聞くのはハードルが高いことが多いようです。
会社員のKさんは、意を決し、両親に対して「年金月額や預貯金はどれくらい?」と切り出しましたが、途端に父親は不機嫌に。「財産を狙っているのか」と怒鳴られたそうです。とはいえ、聞かなければ、どの程度、介護費用として使えるか計画することができません。
具体的な資金計画の立て方としては、月々の収入を柱に考えましょう。親世代の主な収入源は公的年金です。一方、預貯金を取り崩す場合は、100歳まで生きると想定します(実際には、105歳くらいの想定の方が安心です)。もし、80歳の親の預貯金が1,000万円の場合、まず、入院などに備えた予備費を一定額確保し、100歳までの月数で割り算をします。すると、月々使える金額を導き出すことができます。
お金のことに限らず、例えば「延命治療」についての考え方など、聞きづらいけれど、聞いておきたい話はほかにもあります。普段からのコミュニケーションが大切ですね。

◆親の収入や資産を知り、資金計画を立てましょう◆

●知っておきたい親の懐事情
□年金額/月
□年金以外の収入/月
□預貯金
□不動産
□株式・投資信託
□生命保険・損害保険
□ローン・負債

●親が亡くなるまでの資金計画
例:Aさん(80歳)  貯蓄1,000万円/年金(月額)10万円
・予備費(入院などによる突発的な出費) 
※いくらにするかは考え方次第。民間保険の加入有無なども考慮して検討
貯蓄1,000万円-予備費100万円=900万円
・100歳まで生きると考えると・・・
900万円÷20年間=45万円(1年間に使える費用)
45万円÷12カ月=3万7,500円
・月々に使える金額は・・・
3万7,500円+年金(月額)10万円=13万7,500円!!
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-3661,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。