「まごわやさしい」でやさしい食育を

「まごわやさしい」でやさしい食育を

食の多様化と伝統

日本では米を主食に、野菜、芋、魚、海藻を中心とした食生活を営んできました。しかし、飽食の時代ともいわれる近年においては、食スタイルの多様化が進み、多くの種類の食材を受入れ、日本古来の食の在り方が様変わりしました。そのような中、2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統的な食を見つめ直すことに注目が集まっています。

「まごわやさしい」とは?

食育と聞くと、難しいのでは?と思う方も多いかもしれませんが、和食の合言葉とも言われる「まごわやさしい」を知っておくと、とても簡単に実践することができます。難しい栄養価計算ではなく、この7品目の食材をできるだけ1日の中でバランスよく摂り入れることを心がけてみましょう。もちろん、1日の中で摂れない場合もありますが、翌日などに意識的にプラスしてみるなど、やさしい食育で無理なく進めてみるのはいかがですか。

「まごわやさしい」の食材

ま(まめ)    豆類…大豆、小豆、味噌、豆腐など。植物性の良質なたんぱく質が豊富です。
ご(ごま)    種実類…ごま、ナッツなど。活性酸素を防いで元気な体を保ちます。
わ(わかめ)    海藻類…わかめ、ひじき、海苔など。カリウム、ミネラル、食物繊維が豊富です。
や(やさい)    野菜類…葉野菜、根菜など。ビタミン、ミネラルが豊富、1日350gを目安にしましょう。
さ(さかな)    魚類…魚、小魚、貝など。DHAやEPAを含み、血液を健康な状態にします。
し(しいたけ)    きのこ類…しいたけ、えのきたけなど。カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富です。
い(いも)    いも類…じゃがいも、さといも、さつまいもなど。ビタミンCや食物繊維が豊富です。

腸内環境を整える和食

人間の腸内では、約100兆個の細菌が種類ごとにまとまり、腸内フローラを作っています。この腸内フローラは食生活が偏ると特定の細菌だけが増え、腸内環境のバランスが崩れてしまいます。様々な食材を少しずつ食べる和食は、多くの種類の細菌をバランスよく増やすことができ、腸内環境を整える方向に導きます。また、腸内環境が整うことで、免疫力もアップしますので、和食は私たちの健康に大きな影響を与えています。

見つめ直そう日本の伝統

和食は、その一つひとつに、敬いの多くの願いや思いが込められています。私たちの身体的な部分だけでなく、心の部分にも語りかけているのではないでしょうか。やさしい言葉のやさしい食育「まごわやさしい」を合言葉に、健康維持へ向けて歩んでいきませんか。
和洋女子大学家政学部健康栄養学科 助教 管理栄養士、専修栄養教諭 布川 美穂
提供元:和洋女子大学、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-3544,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。