更年期と高血圧の関係性について

更年期と高血圧の関係性について

更年期(閉経前5年と閉経後5年を合わせた10年間。一般的には45歳から55歳くらいを指す)を迎えると心身に変化が起こり、様々な症状に悩まされるようになります。この記事では、更年期と高血圧の関係性について、受診の際の注意点も併せて解説します。

更年期と高血圧の関係性

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」には、血管を拡張する作用があります。一般的に、女性は男性に比べてエストロゲンの分泌量が圧倒的に多いため、男性よりも高血圧になりにくい傾向があります。しかし、エストロゲンが減少し始める40代になると、血管の柔軟性の低下も相まって、女性も血圧が上昇しやすくなります。更年期になるとエストロゲンは更に減少し、エストロゲンの減少により自律神経のバランスも乱れやすくなるため、高血圧等を含めた「更年期障がいの症状」に悩まされるようになります。

また、更年期は、更年期特有の心身の変化や子どもの独立・親の介護等による環境の変化で、不安・ストレスを感じる機会が多い時期です。更年期に起こる高血圧には「血圧が不安定で変動しやすい」「1日のうちに乱高下を繰り返す」といった特徴がありますが、その背景にはこれらの不安・ストレスが関係している可能性もあります。

更年期に起こる高血圧は、ある程度の期間が経過すると治まることもありますが、慢性的な高血圧に移行するリスクもあるため注意が必要です。また、高血圧には深刻な疾患が隠れている場合があり、高血圧が重大な疾患を引き起こす可能性もあります。血圧が高い状態が続いている、血圧が不安定で変動しやすいという場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

医療機関を受診する際の注意点

更年期には、めまい・動悸・頭痛・不安感等、様々な症状が併発することがあります。症状の程度にもよりますが、このように複数の症状に悩まされている際は、高血圧は内科・循環器科、めまい・動悸・ほてり等の更年期障がいの症状は婦人科、自律神経失調症の症状・不安感等は神経科・心療内科というように、別々の医療機関・診療科で治療する場合があります。

複数の医療機関・診療科で治療する際は、それぞれの担当医に、「別の医療機関・診療科で治療を受けていること」や「使用している薬」等を伝えるようにしましょう。その上で、どちらの治療を優先するか・どのような治療法を選択するかについて話し合っておくことをおすすめします。複数の強い症状が重なっている場合には、医師同士で連携して治療にあたってもらえるかについても相談してください。 


ここまでで述べたように、更年期に起こる高血圧には様々な原因が考えられ、複数の原因が相互に影響している可能性もあります。更年期に高血圧や血圧の乱高下等の血圧の異常に気づいた際は、早めに医療機関を受診しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-4130,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。