冬に増える「お風呂やトイレでのヒートショック」から身を守る方法

冬に増える「お風呂やトイレでのヒートショック」から身を守る方法

寒い冬は、お風呂やトイレでのヒートショックの発生数が増えます。この記事では、ヒートショックに注意が必要な方の特徴と、予防対策をご紹介します。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、温度差による「血圧の大きな変動」で起こる、肉体的なショック症状です。発症すると、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などで命に危険が及んだり、失神やめまいで転倒した際に、大ケガをしたりすることもあります。

真冬はお風呂やトイレでの発生数が増えます。これは暖房がない浴室やトイレと、暖房を使っている部屋との温度差が、冬になると大きくなることが原因と考えられます。

ヒートショックに注意が必要な方

ヒートショックを起こしやすい方の特徴は、以下のとおりです。

●持病がある方
高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、動脈硬化などの持病がある方はリスクが高まります。また、トイレで強くいきむとヒートショックが起こりやすいので、便秘の方も注意が必要です。

●高齢者
血管は加齢に伴い弱くなり、高齢になるほど動脈硬化のリスクは高まります。知らないうちに進行することもあるため、性別や既往歴に関係なく、高齢者は注意が必要です。

●熱いお風呂が好きな方
熱いお風呂に入ると、血圧が大きく変動しやすいです。冬は浴室が寒くなるため、リスクは更に高まります。

●入浴前にお酒を飲む方
飲酒すると血管が拡張し、一時的に血圧が低下した状態になります。この状態でお風呂に入ると、血圧が大きく変動するため注意が必要です。

●冷えやすい浴室を利用している方
タイル張りの浴室や窓のある浴室、断熱材を使っていない浴室、築年数が長い浴室は、熱が外へ逃げやすく、冷えやすいと言われています。

お風呂やトイレでのヒートショックを予防する方法

お風呂やトイレでのヒートショックには、以下の対策がおすすめです。

●入浴中、入浴前後の対策
・食後1時間以上経ってから入浴する
・飲酒は入浴後にする(ただし入浴直後は控える)
・入浴の前後に水分を補給する
・手足にかけ湯をして、体を温めてから湯船に入る
・お湯の温度は、38~40℃くらいに設定する
・長湯は控える
・湯船から出るときは、急に立ち上がらない

●浴室、脱衣所の対策
・浴室や脱衣所に暖房を設置する
・湯船のふたを開けて蒸気をめぐらし、浴室内を暖かくしてから入る
・浴室や脱衣所に手すりを設置する(転倒防止のため)

●トイレの対策
・トイレに暖房器具を置く
・排便時にいきむクセがある方は、いきまないように注意する
・野菜中心の食生活や適度な運動を心がけ、便秘を解消する

お風呂やトイレでのヒートショックは、冬になると特に増えます。暖房を設置する、事前に暖めておく、生活習慣を見直すなどして対策しましょう。万が一に備え、転倒防止用の器具を設置しておくことをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-4463,商品開発G

関連記事

  • 糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて

    糖尿病の方は皮膚トラブルが起こりやすく、皮膚トラブルが悪化すると壊疽(えそ:皮膚・皮下組織等が壊死し、黒く変色した状態)等に進行し、日常生活に支障を来す可能性があります。この記事では、糖尿病が引き起こす皮膚トラブルについて解説します。

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。