【仕事と介護の両立支援】 親がサービス利用を拒否したら?

【仕事と介護の両立支援】 親がサービス利用を拒否したら?

親がサービス利用を拒否したら?この記事では、介護保険申請のポイントについて解説します。

アプローチ方法を変えてみましょう!

親に支援や介護が必要になり、公的介護保険制度の利用申請をしようと考えたものの、子が悩むことがあります。親本人が、「介護保険なんか使わない。申請するな」と言い出すケースが多いためです。
ある企業の人事担当者が困り果てていました。社員の1人が、遅刻や早退を繰り返すため、面談で理由を尋ねたところ、「同居の母親に介護が必要になったが、サービス利用を嫌がるから自分でせざるを得ない」と言ったそうです。サービスを利用しなければ、仕事と介護の両立は困難だと言わざるをえません。その人事担当者も、「このままでは、彼は、早晩退職となる」と危機感を募らせていました。
どうしても、親が頑なな態度に出る場合は、アプローチの方法を変えてみましょう。子の言うことは聞かない親も、「先生」と言われる人の意見には頷く傾向があります。そこで、親のかかりつけの医師にお願いをするのです。「先生から、うちの親に介護保険の申請をするように言ってください」と。この方法で成功した方は大勢います。
 
申請すると、認定調査員が親のところを訪ね、「食事のときに見守りや介助は?」「歯磨きに介助は?」など74項目の質問をします。この時、高齢の方はプライドや控え目な性格からか、「できます、できます」と言う傾向があります。すると、実際よりも要介護度が低く出てしまうことがあります。低く出ると、使いたいサービスを使えないことも。
認定調査の日は、付き添うことをお勧めします。仕事で都合がつかない場合は、役所に連絡して日程変更してもらうといいでしょう。
介護保険サービスに抵抗感がある場合は、アプローチの方法を変えてみよう!
◆介護保険サービスに抵抗感がある場合のアプローチ例◆
・子の言葉を聞かない親には、かかりつけの医師から申請をすすめてもらう
・介護保険のサービスといえば、ホームヘルプサービスやデイサービスだけだと考えている親は多い。医療職は受け入れる親が多いので、「介護保険を申請して、看護師さんに来てもらおう」と提案する
・「介護保険を申請すれば、安定したお風呂のいすをたった1割(所得によっては2割もしくは3割)負担で購入できるんだよ」とお得感をアピールする
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-3949,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。