PET検査の特徴と検査の流れ

PET検査の特徴と検査の流れ

PET検査は核医学検査(特定の臓器・組織に集まりやすい性質を持つ放射性医薬品を使用し、放出される放射線を画像化する検査)の一種で、PETはPositron Emission Tomography (陽電子放出断層撮影) を略したものです。がんの検査以外にも、心筋梗塞・てんかん等の検査で使われる場合があります。この記事では、PET検査の特徴と検査の流れについて解説します。

PET検査の特徴

PET検査は、ブドウ糖代謝の指標となる18F-FDGという放射性医薬品を体内に投与し、その分析結果を特殊なカメラで画像化する検査です。そのため、一般的なPET検査はFDG-PET検査と呼ばれる場合があります。18F-FDGには放射性同位元素という放射線を含む物質が含まれ、がん細胞に18F-FDGが取り込まれると放射線が放出されるようになり、この放射線を特殊なカメラで撮影することでがん細胞の位置を特定できます。

PET検査には1回で全身の検査が可能であるという特徴があり、PET検査を行うことで腫瘍の位置・大きさ・悪性と良性の区別・転移の有無等を調べることができ、治療経過の確認に使われる場合もあります。一般的に、がん細胞が1cm以上になればPET検査で発見できるとされており、がんの早期発見に役立つと言われています。一方で、PET検査には発見を得意とするがん(大腸がん・甲状腺がん等)と、発見を苦手とするがん(胃がん・前立腺がん・腎臓がん・膀胱がん等)があります。なお、PET検査は初期肺がんの発見は苦手とされていますが、全身への転移を確認する際には役立ち、PET検査で肺がんが発見された場合には、悪性・転移のリスクが懸念されます。

PET検査の流れ

一般的なPET検査の流れは、以下のとおりです。

1.検査を受ける5時間程度前から絶食する(水・お茶の摂取は可能な場合もあるが、糖分を含む物は禁止)
2.18F-FDGを静脈注射する
3.18F-FDGが全身に行き渡るよう、1時間から2時間程度安静にする
4.余分な18F-FDGを排出するため、撮影検査前にお手洗いに行く
5.検査用のベッドに横になり、撮影検査を行う(一般的に30分から40分程度かかる)
※検査の内容・流れ・注意事項は医療機関により異なる場合があるため、詳細については検査を受ける医療機関にご確認ください。


PET検査による被ばく線量は健康に影響を及ぼす程度ではないと言われていますが、妊娠中の方・妊娠の可能性のある方は基本的に受けられません。また、授乳中の方・血糖値が高い方・糖尿病の治療を受けている方等は、検査の精度に影響が出る場合があるため検査を受けられない可能性があります。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生24-583,商品開発G

関連記事

  • 直腸がんの症状と予防対策

    直腸がんの症状と予防対策

    直腸は大腸の一部であり、15cmから20cm程度の長さがあります。上部から直腸S状部・上部直腸・下部直腸に分けられ、上部でS状結腸からつながり下部で肛門へとつながります。この記事では、直腸がんの症状と予防対策について解説します。

  • 大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)の種類と検査・治療

    大動脈瘤(りゅう)とは、動脈硬化・高血圧等の影響で大動脈(腹部から胸部にかけて走行する人体の中で最も太い血管)に瘤(こぶ)状の膨らみができる疾患です。大動脈瘤は種類により、症状・治療方法等が変わってくる場合があります。この記事では、大動脈瘤の種類と検査・治療について解説します。

  • レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体認知症の検査・治療について

    レビー小体型認知症は、レビー小体という特殊なたんぱく質により脳の神経細胞が破壊されることで発症すると言われています。この記事では、レビー小体型認知症の検査・治療について解説します。