【仕事と介護の両立支援】 その施設、必要な介護を行ってくれる?

【仕事と介護の両立支援】 その施設、必要な介護を行ってくれる?

親の施設入居を考えるときには、その親にとって必要なケアを提供する施設を選びたいものです。この記事では、高齢者施設選びにおけるポイントについて解説します。

その施設、必要な介護を行ってくれる?

親の支援や介護の必要度合いが増すと、"施設介護"に思いを巡らせることがあると思います。しかし、高齢者施設の種類は多く、それぞれの施設で行うケアの内容は異なります。
Tさん(40代)の父親(70代)は実家で一人暮らしをしていました。認知症の影響でコンロの消し忘れが度重なったため、高齢者施設に入居。ところが、入居後1年もたたないうちに、「退去してほしい」との連絡を受けたのです。認知症が進行し、他の入居者の部屋に入ったり、怒鳴ったりすることが続いているのだとか。「迷惑をおかけして申し訳ないとは思いますが、まさか出て行けとは・・・」とTさんは頭を抱えていました。
Tさんの父親が入居しているのはサービス付き高齢者向け住宅、略して"サ高住"。実は、サ高住の多くは身の回りのことを自分でできる高齢者を入居対象としています。一部、介護付きのサ高住もありますが、必ず付いているサービスは"安否確認"と"生活相談"のみ。その他のサービス、ケア体制は物件ごとに異なります。サ高住に限ったことでなく、認知症が進行してトラブルが増えたり、医療依存度が上がったりすると住み続けることが難しくなる施設は少なくありません。
親の施設入居を考えるときには、その親にとって必要なケアを提供する施設を選びたいものです。Tさんの父親のケースでは、認知症介護を得意とする施設を選ぶべきだったといえるでしょう。介護のことだけでなく、その親にとって必要な医療的ケアやこだわりが満たされるかどうかもチェック。重要事項説明書を読み、具体的な介護体制や費用を知ることも大切です。見学や体験入居を活用して、入居後に「こんなはずでは・・・」とならないようにしましょう。
◆高齢者施設選びにおける大切なポイント◆
 ○譲れない条件や優先したい条件を考える
 ○重要事項説明書を読む
 ○必ず見学をし、できれば体験入居もする
 ○記載されている以外にかかる費用を確認する
 ○どのようなときに、「退去」となるか聞く
 ○不明点、心配なことは、遠慮せずに問合わせる
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生23-1038,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。