片頭痛の原因と症状、対処法について

片頭痛の原因と症状、対処法について

片頭痛の痛みがひどくなると、仕事や日常生活に支障をきたすことがあります。この記事では片頭痛の原因と症状の特徴、対処法について解説します。

片頭痛が起こる原因

片頭痛の原因は完全に解明されたわけではありませんが、現時点では、「三叉神経(さんさしんけい)への刺激」「環境やホルモンの影響」「神経異常による痛みの誤認識」が主な原因と考えられています。

●三叉神経への刺激
三叉神経とは、首から顔、頭にかけての感覚を伝えるために伸びている3本の太い神経です。何らかの原因で三叉神経が刺激されると、三叉神経末端から炎症物質が放出され、急激に拡張した血管が周囲の神経を圧迫することで痛みが発生すると考えられています。

●環境やホルモンの影響
以下のような場所で過ごすと心身にストレスがかかり、片頭痛を引き起こすことがあると考えられています。また、月経周期による女性ホルモンの変動が片頭痛を引き起こすこともあります。

・急激な天候の変化
・季節の変わり目などに伴う気圧の変化
・人混みなど、騒がしくて心身が落ち着かない場所

●神経異常による痛みの誤認識
何らかの原因で痛みを感知する神経系細胞が正常に働かなくなると、「今、痛みが発生している」と体が勘違いし、片頭痛を引き起こすことがあると考えられています。

片頭痛の症状の特徴

片頭痛の症状の現れ方や強さ、頻度には個人差がありますが、一般的には以下のような特徴がみられます。

・頭の片側、または頭の特定の部分に痛みが起こる(両側に痛みが起こる場合もある)
・ズキンズキンと脈拍に合わせて痛む
・体を動かすと痛みが悪化する
・普段より音がうるさい、あるいは光がまぶしいと感じる
・吐き気や気持ち悪いなどの症状が併発する
・痛みで起きていられない、イライラが抑えられない
・ギザギザの光が見える、生あくび、イライラ、空腹感、手足のむくみなどの前兆症状が現れることがある
・仕事や日常生活に支障をきたす

片頭痛の対処法

片頭痛は、以下の対処法で和らぐ場合があります。また、片頭痛が起こっている間は、痛みがある部分を温めたり、マッサージしたり、入浴したりすると悪化するので注意してください。

・冷たいタオルなどで、痛みがある部分を冷やす
・静かな暗い場所で安静にする
・痛みが落ち着くまで睡眠をとる

片頭痛は、治療薬を適切に服用することで、痛みをコントロールしやすくなる場合があります。発症するたびに痛みが強くなる、我慢できない痛みが続く、片頭痛が頻繁に起こる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-5858,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。