高次脳機能障がいのリハビリについて

高次脳機能障がいのリハビリについて

高次脳機能障がいとは、脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血等)や交通事故等による脳の損傷が原因で、記憶障がい・注意障がい・社会的行動障がい・遂行機能障がい等が現れる状態であり、現れている症状・障がいに合わせてリハビリが行われます。この記事では、高次脳機能障がいのリハビリについて、障がい別に解説します。

記憶障がいに対するリハビリ

記憶障がいでは、事故や疾患の前に経験したことを思い出せなくなる・新しいことを覚えられなくなる等が起こり、主に以下のリハビリが行われます。

・反復訓練:一度に覚える情報を少なくする等の工夫をしながら、何度も繰り返し訓練を行う
・記憶の代償手段:情報を記録する媒体(ホワイトボード・ICレコーダー等)・行動開始を助ける媒体(タイマー・目覚まし時計等)・スケジュールを管理する媒体(スケジュール帳・携帯電話のスケジュール機能等)等を使用する
・環境を整える:置き場所を決める・すぐに置き場所に戻す・約束や予定を目に付く場所に書く・行動をパターン化する・日課どおりに行動する等を心がける

注意障がいに対するリハビリ

注意障がいでは、意識を向けられなくなる・集中できなくなる・外部からの刺激等を見落とす等が起こり、主に以下のリハビリが行われます。

・集中力を伸ばす:一度に多くの作業をしない・作業をひとつひとつ行う・集中する時間を少しずつ延ばす等の指導が行われ、興味のある作業や簡単な作業から始める場合もある
・環境を整える:整理整頓された静かな環境を用意する・意識を向けやすくなる工夫をする(必要な動線等の目印をつける・作業の手順を段階的に示した手順表を使用する等)等を心がける

社会的行動障がいに対するリハビリ

社会的行動障がいでは、行動・感情等を状況に合わせ適切にコントロールできなくなる等が起こり、以下の点に注意しながら、行動療法(不適切な反応を修正しながら適切な行動・感情を習得させる治療法)等を中心にリハビリを行います。

・やる気がない場合:直接「怠けている」等の指摘はせず、行うべき活動・仕事等のチェックリストを作り、具体的な方向性を示す
・自身の障がいに気付いていない場合:できたことを褒めるようにする
・感情をコントロールできない場合:不適切な行動を感情的に指摘せず、具体的に分かりやすく指摘する
・行動がコントロールできない場合:行動を開始する前に立ち止まって考えることを習慣付ける
・興奮している場合:無理に落ち着かせようとせず、席を離れる・話題を変える等を試みる

遂行機能障がいに対するリハビリ

遂行機能障がいでは、計画を立てられない・計画どおりに行動できない・必要な動作を円滑に行えない等が起こり、以下の点に注意しながらリハビリが行われます。

・反復訓練を行う場合:新しい訓練は少しずつ取り組むようにする
・訓練中ミスをした場合:ミスを否定せず、ミスした部分を介助する
・フィードバックする場合:ミスをしなくなった段階で新しい目標・計画を立てる訓練を行い、その都度フィードバックし問題点を探る


高次脳機能障がいのリハビリでは、支援制度が助けになる場面も出てくると思います。状況に合う支援制度を活用できるよう、お住まいの自治体等に相談してみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生23-2198,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。