禁煙したいのに続けられない理由は

禁煙したいのに続けられない理由は

禁煙を始めてもなかなか続かなくて、と悩む方は多いと思います。この記事では、禁煙が続かない理由やタバコが持つ害、禁煙外来についてご紹介します。

禁煙を続けられないのはなぜ?

禁煙しようと固く誓ったはずなのに、ふとしたはずみで吸ってしまった経験をお持ちの方は多いです。禁煙に挫折してしまうのは、タバコに含まれる「ニコチン」の依存性が原因です。

脳の中にはニコチンを感じる受容体があり、タバコを吸うとその受容体にニコチンがくっついてドーパミンが分泌されます。ドーパミンは脳内神経伝達物質のひとつで、快楽や喜びを司っています。このため、タバコを吸うとドーパミンが分泌されて気分がよくなったり、おいしく感じたりします。そして、脳がこの快楽を覚えてしまい、もう一度吸いたいと強く感じてしまうのです。

タバコには4,000種類もの化学物質が含まれています。そのうち200種が有害物質で、さらにそのうちの50種類以上が発がん性物質です。副流煙にも発がん性リスクがあるため、喫煙は喫煙者だけでなく、身近な方にも悪影響を及ぼすのです。

低タール・低ニコチンのタバコに変えればいいのでは?

低タール、低ニコチンであれば健康への影響は少ないわけではありません。ニコチンやタールの数値は、タバコ1本あたりの含有量ではなく、一定量喫煙した場合の煙を分析して算出しています。書かれている数値が実際のものよりも低くなることもあるため、体への害が少ないとは限りません。

また、軽いタバコほど深く吸い込んだり、根元まで吸ったりする傾向があるため、結果として体に取り込む有害物質の量は大きく変わらないとも言われています。

禁煙を続けるためには

自分の意志や市販の禁煙グッズでは禁煙できない場合、「禁煙外来」を利用するのも一つの方法です。現在では多くの医療機関で禁煙外来が設けられており、比較的利用しやすくなっています。

禁煙外来では、まず喫煙期間や本数、これまでの禁煙対策などの問診が行われ、必要に応じて禁煙補助薬が処方されます。禁煙補助薬は脳内のニコチン受容体に結合し、ニコチンの受容体への結合を物理的に阻害する作用を持ちます。このため、タバコを吸っても多幸感が得られなくなるだけでなく、タバコの禁断症状を緩和することもできます。

喫煙歴や年齢によっては、健康保険を利用できる場合もあります。気になる方は医療機関に問い合わせてみてください。

タバコに含まれるニコチンには依存性があるため、自分の意志ではやめることが難しいです。喫煙は本人だけでなく、周囲の人の健康も害することがわかっています。禁煙外来を利用して、ストレスを抑えながら禁煙することも検討してみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-820,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。