ストレスによる心身の不調を解消するために

ストレスによる心身の不調を解消するために

私たちの体はストレスを受けると、心身に不調が現れることがわかっています。この記事では、長期間ストレスにさらされると心や体にどんな症状が現れるのか、また、ストレスを解消するヒントについて解説します。

ストレスがかかりすぎると起こる症状

ストレスとは、外からの何らかの刺激が体や心に過剰な負荷をかけ、心身の働きにゆがみが生じる状態です。小さなストレスであれば、跳ね返したり、へこんでもすぐに元に戻すことができますが、大きなストレスがかかると、へこんだまま元に戻らなくなったり壊れたりします。

ストレスがかかりすぎると、体調や普段の行動で以下のような変化がみられます。

●精神面
・憂鬱になる
・イライラしたり、緊張したりする
・やる気が出ない

●体調面
・食欲がない
・寝つきが悪い
・朝早く目が覚めてしまう
・動悸がする

●行動面
・他人との交流を避けるようになる
・飲酒・喫煙の量が増える
・身だしなみがだらしなくなる
・落ち着きがなくなる

これらの症状が2週間以上続いているときは、強いストレスがかかっているサインの可能性があります。このサインに気づかないまま放置してしまうと、うつ病やストレス性の胃腸炎、めまいといった症状を引き起こすことがあります。

ストレスを解消するヒント

ストレスによる不調を防ぐには、日頃からストレスをためず、適度に解消することが大切です。以下に、ストレス解消のヒントをご紹介します。

●休養
体から「疲れたな」というサインが現れたら、なるべく早く休養を取りましょう。何も考えず、ただぼーっとする時間を取るだけでも、脳や体をしっかり休ませることができます。

●入浴
入浴には血行促進や新陳代謝を促し、筋肉や神経の緊張をほぐす働きがあります。就寝の1~2時間前にぬるめのお湯にゆっくりつかると、ちょうど就寝時刻に自然に眠気が訪れます。

●運動
運動はストレス解消だけでなく、生活習慣病の予防・改善にもおすすめです。軽い散歩やサイクリングなど、無理のない運動を1日10~30分程度、できるだけ毎日行いましょう。

●食事
早食いや過食を避けることはもちろん、ビタミンやミネラルの不足を防ぐことや、糖質や脂質を取りすぎないことも心がけましょう。


●音楽
自分の好きな音楽、心地よい音楽を聞くと、気分が良くなって心が落ち着きます。

ストレスをそのままにしていると体の不調を招きます。「少し疲れたな」と思ったときに休めるよう、日頃から入浴や食事を工夫したり、ストレス解消につながるものを探すなど、ストレスと上手につきあえる環境を整えましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-3245,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。