夏バテの症状と予防法について

夏バテの症状と予防法について

夏バテで疲労や身体のだるさが続くのはつらいものですが、こうした症状はなぜ起こるのでしょうか。この記事では、夏バテの症状とともに、予防のポイントを解説します。

夏バテとは

身体にはもともと、健康を維持するために最適な温度や湿度があります。しかし、日本の夏は高温多湿で、最適な温度・湿度からかけ離れた状態になるため、身体にさまざまな不調があらわれます。こうした不調のことを「夏バテ」と呼んでいます。

夏バテの症状

夏バテの主な症状として、以下のようなものがあります。

・だるさ、疲労感
・食欲低下
・下痢、便秘
・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・むくみ

仕事が忙しいなど、特に思い当たる原因がないのに上記のような症状がみられる場合、夏バテになっている可能性があります。夏バテになると免疫力が低下するため、夏風邪を引きやすくなります。そして、夏バテによる食欲低下がみられると、十分な栄養が摂れなくなるため回復に時間がかかります。

夏バテを予防するには

以下に、夏バテを予防するポイントをご紹介します。

●屋外と屋内の温度差
急激な温度差は体力消耗の原因になります。夏は暑すぎる屋外とエアコンで冷えた屋内を行き来することが多くなるため、注意が必要です。適切なエアコンの設定温度(26℃〜28℃くらい)に設定し、急激な温度変化が起こらないようにしましょう。

また、ずっと屋内にいる方も、体が冷えすぎて自律神経のバランスが崩れる可能性があります。自律神経の乱れも夏バテを招くため、カーディガンや膝掛けなどで身体を冷やさないようにしたり、エアコンの風が直接あたらないように風向きや風量を調節したりしましょう。

●睡眠
睡眠不足は疲労の蓄積を引き起こし、夏バテの原因になります。ぐっすり眠るために、以下を参考に睡眠時の環境を整えましょう。

・就寝2時間前までに、夕食を済ませる
・就寝1時間前までに、ぬるめのお湯で少し長めに入浴する
・寝る前のテレビやパソコン、スマホの使用は脳や視神経を刺激するので控える
・寝酒は控える
・熱帯夜の日は、冷たい枕で頭部を冷やす

●食事
夏バテの予防には栄養価の高い食品の摂取が大切です。以下に、夏バテに効果的と言われる食材をご紹介します。

・豚肉
・ウナギ
・大豆などの豆類
・トロロイモ
・長ネギ

室内の温度調節や睡眠、食事などを工夫しながら、夏バテを予防しましょう。夏バテの状態が続くと、夏風邪を引きやすくなります。夏風邪は長引くことが多いので、もし夏風邪を引いてしまったら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-1671,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。