【仕事と介護の両立支援】 認知症の親の介護をするとき

【仕事と介護の両立支援】 認知症の親の介護をするとき

この記事では、認知症の親の介護をするときについて解説します。

認知症の親の介護をするとき!

親が認知症と診断されると、「いつか、介護のために仕事を辞めなければならなくなるのでは」と不安になる人は多いです。
Tさん(51歳)の母親はTさんの家から 車で20分ほどの実家で1人暮らしをしています。認知症と診断されたのは1年ほど前です。受診し、薬を服用していますが、少しずつ病状は進行。要介護1と認定されており、デイサービスとホームヘルプサービスを利用しています。Tさんは、週に2回は仕事帰りに様子をのぞきに行くようにしています。「先日、母は外出先から戻れなくなり、交番から電話がかかってきました」とTさん。
現在、母親はトイレには1人で行くことができ、食事は毎夕食、お弁当の宅配サービスを利用しています。朝食はパンを食べ、昼食はヘルパーに用意してもらったり、デイサービスで食べたり。「今は、何とかなっていますが、時間の問題でしょう。施設に入れるのはかわいそうなので、僕が仕事を辞めて看るしかないと考えています」とTさん。
確かに、今後、誰かがそばにいなければならない時間は長くなっていくでしょう。Tさんが仕事を辞めれば、一緒に居られる時間は増えます。けれども、仕事を辞めて、生活費はどうするつもりでしょう。やりがいのある仕事を辞めて後悔しませんか。もし100歳まで生きるとすれば、Tさんの余命は49年、まだ人生の折り返し地点です。「施設はかわいそう」と決めつけず、一度、見学してみましょう。実際に自分の目で見ると、「施設も悪くない」と考える人は少なくありません。親本人にとっても、プロによる介護は安心感を得られるケースもあります。
Tさんの母親も、自分の介護のためにTさんが仕事を辞めることを望んではいないはずです。
◆子が親の施設入居を決断するタイミング例◆
 ○親が1人でトイレに行けなくなったとき
 ○親が火の始末をできなくなったとき
 ○親が食事を食べなくなったとき
 ○親が1人で外出先から戻れなくなったとき
 ○介護者までが共倒れしそうになったとき
提供元:介護・暮らしジャーナリスト 太田差惠子

生22-4949,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。