高齢者におすすめのストレッチは?

高齢者におすすめのストレッチは?

ストレッチは、高齢者でも手軽にできる運動です。この記事では、高齢者がストレッチをすることで得られるメリットと、高齢者におすすめの「膝まわりと股関節まわりのストレッチ」をご紹介します。

高齢者がストレッチをするメリット

高齢者にとって、ストレッチには以下のメリットがあります。

・体力や筋力が低下した高齢者でも、無理なく筋肉の柔軟性と機能性を高められる
・筋肉を動かすことで脳が刺激され、認知機能の向上に役立つ
・転倒やケガの防止に役立つ

高齢者が転倒すると、手足の骨折や腰椎の圧迫骨折を引き起こし、寝たきりの原因になる場合があります。安定した歩行をするためには、膝まわりや股関節まわりのストレッチがおすすめです。

膝まわりのストレッチ

膝まわりの筋力と柔軟性を高めると、下半身を柔らかく使えるようになるので、歩行時にバランスを取りやすくなります。

●イスを使った膝まわりのストレッチ
1.姿勢を正し、イスに浅く腰掛ける
2.かかとを床につけた状態で、片側の足を前方にスライドさせ膝を伸ばす
3.膝を伸ばしている側のつま先を天井に向ける
4.太ももに軽く手を置き、背筋を伸ばしたまま上半身を前傾する
5.ふくらはぎ、膝裏、太もも全体をストレッチする
6.心地よいポジションで10秒キープ
7.3〜5回程行ったら、反対側も行う

上半身は、へそ下から前傾させることを意識しましょう。膝をしっかり伸ばした方が強度は高まりますが、無理して伸ばす必要はありません。急にストレッチするとケガをしやすいので、深呼吸をしながら、無理なくじっくりストレッチしましょう。

太ももの内側と股関節まわりのストレッチ

太ももの内側と股関節まわりのストレッチは、柔軟性を高めるだけでなく、血流を高めることにも役立ちます。

●イスを使った股関節まわりのストレッチ
1.姿勢を正し、イスに浅く腰掛ける
2.膝を曲げたまま両足を大きく開脚する
3.両手をそれぞれの膝の上に置き、背筋を伸ばしたまま上半身を前傾し、太ももの内側を軽くストレッチする
4.右手のひらで膝の内側を押し、上半身を左にねじり肩を入れる(右腕は伸ばした状態)
5.股関節、太ももの内側、背中〜肩甲骨が心地よく伸びていることを感じたら、深呼吸しながら10秒キープ
6.左側も同じように行い、それぞれ3回〜5回繰り返す

上半身の前傾とねじりを深くすることで、ストレッチの強度も高くなります。ただし、前傾やねじりを急に深めると転倒やケガの原因になるので、深呼吸をしながら、あわてずにゆっくりと深くするようにしてださい。

ストレッチは高齢者でも無理なくできる、健康に役立つ運動です。筋肉の柔軟性と機能性が高まることで歩行がしやすくなり、転倒防止にも役立ちます。一人ですることが怖い場合は、周囲の方に協力してもらってもかまいません。無理がない範囲で毎日の生活に取り入れてみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-4466,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。