ハーブの成分でからだをリフレッシュ

ハーブの成分でからだをリフレッシュ

ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。昔から利用されていたハーブですが、薬用として使われてきたものから、乾燥させてお茶として利用したり、お酒に浸けてリキュールとして使ったりすることもあります。また、料理のアクセントとして、肉や魚などの食材の臭み消しや、品種によっては防腐剤の働きをしてくれるものもあります。

ハーブを楽しむ

・ルッコラ
ごまのような風味と爽やかな辛味が特徴のルッコラは、サラダやピザなどに使われています。生ハムやチーズとの相性が良く、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどが多く含まれています。

・クレソン
爽やかな香りとピリッとした辛みが特徴のクレソンは、肉・魚料理の付け合わせやサラダなどに使われ、脂っこいものを食べた後に口の中をさっぱりさせてくれる効果があります。

・パセリ
爽やかな独特の香りと少しほろ苦い味わいのパセリは、付け合わせとしてとてもポピュラーで、鮮やかな緑と独特のほろ苦さが料理を引き立てます。肉や魚の香草焼きやサラダ、スープ、ソースなど幅広く用いられ、β-カロテンやビタミンCなどが多く含まれる栄養価の高いハーブです。

・ローズマリー
すっきりとした強い香りが特徴のローズマリーは、トマトやニンニクなどと相性抜群で、羊肉や豚肉、イワシやサバなどクセの強い素材の臭み消しだけでなく、淡白な素材のアクセントとしても利用されます。また、生の葉でハーブティーとして楽しむこともできます。

・パクチー
パクチーの葉の強い香りは好き嫌いが分かれますが、最近ではサラダにして食べる方も増えてきています。生だけではなく、炒め物やスープ、麺類、ソースなど幅広く利用できます。また、葉の独特の風味は苦手だという方もパクチーの種は食べたことがあるのではないでしょうか。実はカレーには欠かせないスパイス「コリアンダー」は、パクチーの乾燥させた種のことです。

・ミント
すっきりとした香りが特徴のミントは、生の葉をそのままハーブティーにしたり、お酒のアクセントとしてモヒートなどのカクテルに入れたり、お菓子や料理の風味付けに使ったりと、さまざまに利用されています。

・カモミール
リンゴに似た香りが特徴で、ハーブティーやアロマオイル、芳香剤、入浴剤などによく使われています。乾燥させたものをハーブティーとしても楽しむことができます。

古くから利用されているハーブですが、現在の私たちにとっても身近なものと言えるでしょう。簡単に育てることができるハーブもあるので、ちょっとしたアクセントとして生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
東京臨海病院管理栄養士 日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士 青木淳子
提供元:和洋女子大学、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-5864,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。