リモートワークによる運動不足を解消するには

リモートワークによる運動不足を解消するには

リモートワークは通勤電車のストレスがなくなったり、時間を柔軟に使えたりする反面、自宅で過ごす時間が長くなるため、運動不足になりやすいのが気になる方も多いと思います。この記事では、リモートワークで運動不足にならないようにするためのヒントをご紹介します。

リモートワークの運動不足解消法:ストレッチ

リモートワークの運動不足を解消する第一歩として、すき間時間に取り組みやすいストレッチをご紹介します。

●タオルストレッチ(体の側面を伸ばす)
タオルを使うことで、体の動きをサポートすることができます。

1. タオルを両手で持つ
2. 両手でバンザイするように、タオルを持った手を上にあげる
3. 腕が伸びた状態から、ゆっくりと体を右に倒す
4. 気持ちよく伸びるところで15~30秒キープする
5. 反対側も同じように伸ばす

●座ってストレッチ(肩甲骨~背中を伸ばす)
1. 少し浅めに椅子に座る
2. 上半身を曲げて、両腕で太ももを抱える
3. 背骨でカーブをつくり、肩甲骨周辺から背中を伸ばす

ストレッチをするときは呼吸を意識すると効果が高まります。体を伸ばすときに大きく息を吐き、吐ききったら自然に息を吸いましょう。呼吸を止めずに行うのがポイントです。

また、大きく息を吐くことで筋肉がゆるみます。筋肉がゆるむと血行不良が改善されるため、代謝アップも期待できます。動かす筋肉を意識しながらストレッチをしましょう。

リモートワークの運動不足解消法:スクワット

スクワットをすると、下半身の大きな筋肉を刺激できるので血流を促すことができます。ストレッチと同様に、スクワットをするときも呼吸を意識しましょう。深く呼吸して酸素を取り込むと、体のすみずみまで血液が行き渡ります。

●深呼吸スクワット
背筋は常に伸ばすことを意識して行いましょう。

1. 両足を肩幅に開き、視線を真っ直ぐにして立つ
2. 背筋を伸ばし、肩の力を抜く
3. 胸を開き、両手を頭の後ろで組む
4. 太ももの筋肉を使うように意識し、4秒ほどかけて腰をおろす
5. 4秒ほどかけてひざをゆっくり戻す
※4と5の動作のとき、息は吸いながらでも、吐きながらでも構いません。

リモートワークは柔軟な働き方を実現できる反面、運動不足になりやすいデメリットがあります。まとまった時間が取れなくても、呼吸を意識しながら行うストレッチやスクワットから始めると手軽に取り組めますし、筋肉をほぐしたり、代謝を高めることもできます。時間を見つけてこまめに取り組んでみてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-821,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。