動脈硬化のリスクを高める原因と予防対策

動脈硬化のリスクを高める原因と予防対策

動脈硬化は、命に関わる重篤な病気を引き起こす原因となるため、予防対策としてさまざまな呼びかけが行われています。この記事では、動脈硬化のリスクを高める「危険因子」と、予防対策のポイントを解説します。

動脈硬化とは

動脈硬化は、動脈の柔軟性や弾力性が低下してしまう現象のことです。動脈硬化が進行すると、血管(動脈)の弾力性が失われ、もろくなります。更に進行すると、血管や動脈瘤が破れたり、血管に血栓が詰まったりして、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こし、命に危険が及ぶこともあります。

動脈硬化の危険因子

動脈硬化の危険因子となるものとして、以下の7つがあります。

1. 高脂血症
2. 高血圧
3. 喫煙
4. 糖尿病
5. 肥満
6. 痛風(高尿酸血症)
7. ストレス

高脂血症、高血圧、喫煙は、動脈硬化の三大危険因子と言われています。

動脈硬化の予防対策

動脈硬化の三大危険因子である「高脂血症、高血圧、喫煙」のうち、高脂血症と高血圧は生活習慣の見直しで予防、改善ができる場合があります。

食生活では、脂質、塩分、糖質を控え、栄養バランスが整った「腹八分目」の食事を心がけましょう。また、動脈硬化を予防するためには、「適度な運動」を習慣化することも大切になってきます。

●適度な運動の目安
・1回30分程度(10分×3回など、細切れにしてもよい)
・週に2~3回程度
・有酸素運動(ウォーキング、水泳、エアロビクスなど)がおすすめ
・心拍数は100〜120程度(息がはずむ程度)

ただし、今まで運動習慣がなかった方や肥満体型の方が、最初からこの目安で運動をしようとしても長続きしない場合が多いです。関節等に負担がかかり、体を痛めてしまう原因にもなりかねません。

運動に慣れていない方は、1日5分、無理のないペースからで構いませんので、定期的に継続し続けることから始めましょう。エレベーターではなく階段を使うようにする、散歩がてら歩いて買い物に行くなど、日常生活に必要な行動の中で体を動かす機会を作るようにすると、無理なく運動を習慣化できるのでおすすめです。

また、既に糖尿病や高血圧を発症している方は、これらの病気の治療が大切です。進行すると、どちらも深刻な合併症を引き起こす原因になります。運動や食事には注意点もありますので、食事療法や運動療法は必ず医師の指導のもと実践してください。

喫煙や過度なストレスも、動脈硬化の危険因子です。喫煙している方はすぐに禁煙を始めることをおすすめします。ストレスが溜まっている自覚がある方は、運動や趣味などでこまめにストレスを解消しましょう。

動脈硬化は加齢とともに進行しますが、生活習慣を改善することで進行を遅らせたり、深刻な合併症を防いだりすることができます。適度な運動と健康的な食生活を心がけ、禁煙やストレスケアにも気を配るようにしてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-5166,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。