血管と心臓の健康を守るために

血管と心臓の健康を守るために

体は年齢とともに老化します。これは血管も同じで、血管の老化は「動脈硬化」としてあらわれます。動脈硬化の程度は肉眼ではわからないため、気づかないうちに心臓に負担をかけてしまう恐れがあります。この記事では、動脈硬化の原因や心臓に与える影響、そして血管と心臓の健康を守るための方法をご紹介します。

動脈硬化の原因

動脈硬化になると、血管(動脈)の弾力性が失われて硬くなったり、血管壁が厚くなって血流が悪くなったりします。動脈硬化は老化のひとつなので誰にでも起こりますが、特に以下のようなリスク因子があると進行しやすいと言われています。
・高血圧
・高脂血症
・喫煙

動脈硬化が心臓に与える影響

動脈硬化が心臓に与える影響として、以下の2つが考えられます。
・狭心症・心筋梗塞
心臓の動脈(冠動脈)に動脈硬化が起こると、心臓の筋肉(心筋)に十分な血液が行き渡らなくなります。その結果、心筋が酸欠状態になって機能が低下する「狭心症」を引き起こします。また、症状が進行して血液が完全に流れなくなると、心筋細胞が壊死する「心筋梗塞」を発症します。
・心肥大・心不全
全身の動脈に動脈硬化が起こると、心臓は強い力で血液を押し出さなければならず、心臓に負担がかかって心筋が肥大化する「心肥大」を発症します。また、症状が進行して心臓が慢性疲労の状態に陥ると、正常な心臓の機能が失われてしまう「心不全」を引き起こします。

心臓と血管の健康を守るために

動脈硬化の進行を抑えると、心臓と血管の健康を保つことができます。

具体的な方法として、まず適度な運動があります。ウォーキングや散歩など、日常生活の中で取り入れやすいものを習慣づけましょう。ただし、いきなり運動すると体に負担がかかるため、すでに動脈硬化が進行している方や、息切れなどの自覚症状がある方は、事前に医師に相談してください。

また、食生活の改善も健康維持につながります。野菜や大豆製品、食物繊維を中心の食事を心がけ、動物性脂肪が多い食べ物(肉類、揚げ物など)は控えめにしましょう。

現在糖尿病や高血圧の方は、治療に取り組むことで動脈硬化の進行を抑えることができます。また、喫煙や肥満は動脈硬化の症状を進行させてしまいます。必要に応じて家族や医師のサポートを受けながら、禁煙やダイエットに取り組みましょう。

動脈硬化は老化現象のひとつなので進行を完全に抑えることはできませんが、運動や食事、生活習慣の見直しで進行を遅らせることはできます。いつまでも健康で快適な日々を過ごすためにも、できるだけ早い時期から予防に努めてください。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-1649,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。