尿酸値が上昇する原因と痛風予防におすすめの運動

尿酸値が上昇する原因と痛風予防におすすめの運動

尿酸値が上昇すると痛風発作を起こし、関節の激痛に悩まされる可能性があります。この記事では、尿酸値が上昇する原因と痛風予防(尿酸値対策)におすすめの運動について解説します。

尿酸値が上昇する原因

尿酸値の上昇には遺伝的な要因も関係していますが、生活習慣が原因になることが多いと言われています。尿酸値を上昇させる主な原因は、以下のとおりです。

・食生活:過食・早食い・絶食・高カロリーの食品・脂質や果糖が多い食品等
・飲酒:プリン体の含有量に限らずアルコール自体が尿酸値上昇の原因になる
・肥満:中性脂肪が尿酸の産生を促すことで尿酸値が高くなる
・脱水:発汗や下痢等で脱水状態になると尿酸値が上昇する
・ストレスや脳への負担:ストレスや過度な知的作業が尿酸値を上昇させる場合がある
・筋肉への負担:過剰な筋肉活動・無酸素運動は尿酸値を急激に上昇させる
・閉経:エストロゲンの分泌量が低下すると尿酸値が上昇しやすくなる
・疾患・薬:特定の疾患や薬の影響で尿酸値が上昇する場合がある

尿酸値対策におすすめの運動

適度な運動は、肥満や脂質異常症、高血圧の予防に役立ちます。肥満の方や脂質異常症の方、高血圧の方は高尿酸血症(尿酸値が高く痛風の原因になる状態)を併発することが多く、発症リスクも高くなります。ストレス解消やその他の生活習慣病を予防する意味でも、適度な運動を習慣化することはおすすめです。

ただし、ベンチプレスのような高負荷の筋力トレーニングや100m走等の短時間の激しい運動は、尿酸値を上昇させる原因になります。一方で、適度な有酸素運動は尿酸値には影響しないと言われています。尿酸値が高めの方は、軽く息が切れる程度(会話しながら運動できる程度)の有酸素運動を取り入れるようにしてください。

また、有酸素運動であっても、運動に慣れていない方がいきなり長距離のランニングを始めると、ご自身が思っている以上の負担がかかり、尿酸値が上昇する可能性があります。まずは、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳等の「軽めの有酸素運動」を、1日20分から60分、週3日程度行うことから始めましょう。なお、痛風予防・尿酸値対策を目的に運動する際には、以下の点に注意してください。

・運動中に呼吸を止めない
・スマートウォッチ等で呼吸数・脈拍数を管理し、無理のないペースで行う
・こまめに水分を補給する
・痛風発作(関節の痛み・ほてり・ピリピリ感・かゆみ等)が起こっている状態で運動しない


尿酸値を管理して痛風発作を予防するには、食事・飲酒・ストレス環境等の「生活習慣の見直し」も大切です。また、すでに高尿酸血症と診断されている方、痛風発作を発症している方は、医療機関に相談してから運動を始めるようにしましょう。
提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ

生22-3569,商品開発G

関連記事

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。

  • 介護食を作る際のポイント

    介護食を作る際のポイント

    介護食とは、噛む力・飲み込む力が衰えた方が食べやすくなるよう工夫した食事のことです。この記事では、介護食を作る際のポイントについて解説します。