冷え改善対策に! おすすめレシピ ~生姜~ 

冷え改善対策に! おすすめレシピ ~生姜~ 

今回のコラムでは、冷え改善対策におすすめのレシピをご紹介します。

■具だくさんピリ辛スープ

冷え体質では血行不良を招いて代謝が悪くなり、免疫力も低下してしまいます。
体温を上げるために、まずは食事をしっかりとることを意識しましょう。ダイエットを気にするあまり、極端な偏りやごく少量のものしか口にしないようでは体を温めるエネルギーも生み出せません。体を温める効果が期待できる食材を上手に取り入れてみましょう。
寒い季節には温かいスープや鍋が手軽でおすすめです。
根菜、にんにく、生姜を使った食べごたえのあるおかずスープで温まってください。
生姜は体を温めることで有名ですが、ポイントは加熱して摂ることです。
生姜を加熱することで生まれるショウガオールという成分には、血行促進効果があり体を温めます。にんにく、ニラに含まれるアリシンにも血流促進効果があり、ビタミンB1の吸収を高めることで糖質の代謝の効果を高めます。また発酵食品も体を温めてくれる食材です。スープの味付けに少量の豆板醤とみそを加え豆乳と胡麻でコクをプラスします。豚肉や豆乳にはタンパク質とエネルギー代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。
合わせて適度な運動で全身に血液を送り込む、お風呂は湯舟にしっかり浸かるなどの日常生活の改善も大切です。
サイドメニューの生姜ごはんは、スープに添える際の味付けをやや控えめにするとよいでしょう。
(材料 2人分)
豚ひき肉 100g
にんにく ひとかけ
生姜 ひとかけ
☆醤油、みりん 各大さじ1 
☆塩 ふたつまみ

大根 300g
人参 小1本
もやし 1/2袋
ニラ 1/2束
だし昆布 1枚(10cm角)
水 300ml
豆乳 200ml
★ねりごま、みそ 各大さじ2
★豆板醤 小さじ1/2
★中華スープの素 小さじ2
塩 適量
(作り方)
1、にんにく、生姜はみじん切りにし豚ひき肉と炒めて☆で味付けしておく。
2、大根は8㎜程度のいちょう切り、人参は棒状に切る。
ニラは4cm長さに切る。
3、大根、人参と水、だし昆布を鍋に入れて火にかけ蓋をして弱めの中火で大根が柔らかくなるまで煮る。
4、だし昆布を取り出し、もやしを加え、混ぜた★と豆乳を加えて軽く煮る。
塩で味を調えてニラを加え1と合わせて盛り付ける。

■生姜ごはん

(材料 2~3人分)
米 1合
生姜 ひとかけ
油揚げ 1/3枚
だし 200ml
薄口醤油 小さじ1
塩 小さじ1/4
(作り方)
1、米は洗って吸水しザルにあける。
2、油揚げは短冊に切り、生姜は千切りにする。
3、炊飯器に1,2とだし、薄口醤油、塩を加えて炊く。
キッチンスタジオ くるみキッチン主宰 来海悦子(きまちえつこ)
提供元:中央法規出版「けあサポ」アーカイブ 内側から磨く 幸せはコレカラダーレシピ編-

生21-4541,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。