水について考える~適切な水分補給~

水について考える~適切な水分補給~

水は私たちの体に最も多く含まれているもので、成人の体の約55~60%を占めています。体に必要な栄養素と水分を運ぶ血液やリンパ液、老廃物を排出する尿も水分からできています。また水分は、体温を一定に保ったり、体のミネラルバランスを調整するなど重要な役割を担っています。体の中の水分が不足すると、熱中症や脳梗塞、心筋梗塞などさまざまな健康障がいのリスク要因となります。

1日に必要な水分量

成人が1日に必要とする水の量は約2000~2500mlで、このうち800~1300mlを飲水量として取り入れる必要があります。
ただし、腎臓病や心臓病などで、医師から水分の摂取について指示されている場合はこの指示にしたがう必要があります。

水分を失った時の症状

最初は喉の渇きから始まり、意識がぼんやりしたり、食欲不振などの症状が現れます。更に進行すると、皮膚の紅潮、イライラ、体温上昇、疲労困ぱい、尿量の減少と濃縮、頭痛、けいれんなどの症状が起こります。

上手な水分補給のタイミング

喉の渇きは脱水が始まっている証拠です。渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大切です。
水分が不足しやすい、就寝前後、入浴前後、スポーツの前後・途中、飲酒中やその後などに摂ることが大切です。特に、寝ている間には汗をかなりかいているため、就寝前やトイレに起きた際の水分補給は大切です。

水分補給に適した飲み物

水分補給は大切ですが、どんな飲み物でもいいわけではありません。シーンによって選ぶ飲み物を変えると、と期待できる効果も変わります。
・水
一番手軽なため日常の補給に最適で、体温に近い常温のものが吸収によいといわれています。
・スポーツドリンク
水に糖分や塩分を配合して人の体液(血液)に近い浸透圧にした飲み物です。浸透圧は糖質の濃度によって変わりますが、体内への水分補給がスムーズに行われやすいのが特徴です。しかし、糖質が多いものは、飲みすぎてしまうとカロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。
・お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物
嗜好飲料として好まれ、飲まれている人も多いですが、尿の量を増やし体内の水分を排泄してしまうので、水分補給としては不向きです。

日本の平均的な水は軟水のため、まろやかで飲みやすく感じられます。外国のミネラルウォーターには硬水のものもあり比較的飲みにくく、胃腸に負担がかかることがあるため、自身にあった水選びをしてみてください。普段何気なく行っている水分補給は、実はとても大切なことです。こまめな水分補給を心がけ、健康な体を維持していきましょう。
東京臨海病院管理栄養士 日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士 青木淳子
提供元:和洋女子大学、株式会社ライフケアパートナーズ

生21-2275,商品開発G

関連記事

  • 門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈圧亢進症の原因と症状

    門脈とは肝臓に流入する血管のひとつであり、肝臓に流れ込む血液の3分の2を運ぶ重要な血管です。この記事では門脈圧亢進症の原因と症状について解説します。

  • 痛風発作の特徴と予防対策

    痛風発作の特徴と予防対策

    痛風とは尿酸が関節内で固まり結晶化することで、関節に痛み・炎症が起こる疾患です。痛風による痛み・炎症は突然発症するため、痛風発作と呼ばれることもあります。この記事では痛風発作の特徴と予防対策について解説します。

  • 青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点

    青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際...

    青魚とは、いわし・あじ・さば・ぶり・さんま・にしん・さわら・きびなご・とびうお・たちうお等の大衆的な魚のことです。この記事では、青魚が生活習慣病予防に役立つ理由と摂る際の注意点について解説します。